書籍 「非常識合格法」 石井和人など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 「非常識合格法」 石井和人

「非常識合格法」石井和人

■採点のカラクリとは
⇒難関の資格試験では、難しい問題が出題されると、平均点が大きく下がってしまうので、これを避けるために、できのよい問題の配点を高くし、逆にできの悪い問題の配点を低くすることによって、平均点を調整する

⇒よって、多くの人が解けない難問では、配点の調整をされる可能性が高いので、できてもできなくても、点数に差がつかない

⇒配点が低くなる可能性の高い細かい知識を身につけるために、必要以上の時間をかけて勉強する必要はない

⇒逆に基本的な内容に絞り込んで勉強していくことが、合格への近道



■合格必要得点配点範囲アプローチ法
⇒出題範囲の中から多くの受験生が正解できると思われる基本部分を抽出すること

⇒その基本部分を徹底的に勉強して、確実な知識にしておき、その部分に関する問題が出題されたら必ず正解できるようにしておくこと
図の卵全体が試験の出題範囲に当たります。そして黄身は、勉強すべき基本部分に相当します。配点が高い可能性があり、落としてはならない基本的な問題に関係する部分です。そして、その周りの白身の部分は、細かくて難解な部分です。範囲が広く、勉強に時間がかかる割にはリターンが少ない部分です。
 この"卵の黄身"の部分を特定して、その知識を完璧にする勉強が重要なのです。これを、私は"合格必要得点配点範囲アプローチ法"と呼んでいます。



■何度も落ちる人の共通パターン(抜粋)
●試験に出るかどうかもわからない"卵の白身"の部分を一生懸命に勉強してしまう人

⇒黄身の部分は基本的な内容の勉強なので、やっているうちにだんだんつまらなくなる

⇒白身の部分は難解なため、そこを勉強していると頭が良くなった気がして、自己満足にひたることができる


●自分はもう黄身の部分を正確に理解していると勘違いしてしまう人

⇒何年も受験勉強を続けていると、本当は正確に理解していないにもかかわらず、「基本的な部分はもうわかっている」と思い込んでしまう

⇒これで落ちると、さらに手を広げて白身の部分を勉強してしまう


■スケジュールの立て方(抜粋)
●合格への最短ルートを設定する

⇒最短期間を目標にすると、最初の挑戦で合格できなくても、結果的には比較的短い期間で合格する可能性が高くなる


●基礎的な資格を中間目標にする

⇒公認会計士試験、税理士試験における簿記検定試験等


●3回以内での合格を目指す

⇒基本的には常に一発合格を目指すべき

⇒3回受験してダメでも諦めたくないのであれば、自分の受験スタイルの全てを変えてみる必要がある



■「間に合わない」ではなく「間に合わせる」
⇒資格試験に受かるためには自分で決めたスケジュール通りに勉強していく覚悟が必要

⇒著者の教えている資格学校では、答練などの課題の提出率と、試験合格率が比例しており、カリキュラム通りに勉強すれば合格でき、勉強しなければ合格できない、ということが数字で証明されている

⇒試験に受かりたいのなら、「できない」ではなく「やる」、「間に合わない」ではなく「間に合わせる」しかない



■"コマーシャル勉強法"でスキマ時間を活用
⇒1分間でキーワード1個覚える場合と、1時間でキーワード60個を覚える場合を比べてみると、1分間で1個覚えたキーワードの方が、しっかりと記憶に残っているもの

⇒細かく数が多いものを覚える場合には、まとまった時間にまとめてやるよりも、テレビCMくらいの短い時間で細切れに勉強したほうが効果的


■分厚いテキストより薄いテキスト
●難関資格は基礎資格と違う

⇒分厚いテキストを使っている専門学校は基本的にはオススメできない
基礎的な資格の試験では、いわば試験範囲の全てが"卵の黄身"となるために、むしろ、多少厚くても試験範囲全てを網羅したテキストのほうがよいかもしれません。しかし、難関資格試験の試験範囲はいずれも膨大であり、短い学習期間でその範囲を全てカバーするのは現実的には困難です。

⇒試験で必要なのは、曖昧な記憶ではなく、確実な記憶であり、そのためにはテキストの制作者がリスクを負って、合格に必要な部分だけを選び出す必要がある


●テキストが厚くなりやすい事情

⇒テキストを執筆する講師はページ数に比例して原稿料をもらえる

⇒テキストに載っていないことが本試験に出ると資格学校や出版元にクレームを言う受験者がいるため、制作者側には、責任回避のためになんでもかんでもテキストに詰め込んでおこうとする傾向がある

⇒分厚いテキストであれば、本試験で出題されるズバリ的中の数が多くなるのは当然



■どんどんテキストに書き込むべし
⇒サブノートは作らず、テキストに直接書き込んで、とにかくテキストだけで完結するようにしておく

⇒できれば合格者のテキストを見せてもらい、その人のマーキングの仕方、書き込みの仕方などを教えてもらう
 不思議なことですが、講師を何年もやっていると、受験生のテキストを見ただけで「この人は合格できそうだ」「この人はまだ難しいかな」などと感じることができるようになります。合格者のテキストには、まさに"合格のノウハウ"が詰まっているわけですから、それを参考にさせてもらいましょう。



■効果的な暗記を実現する"スピーチ法"
●スピーチ法とは?

⇒「テキストなどの内容について暗唱すること」

⇒黙って目で文字を追うだけでなく、文字を言葉にするので、視覚情報だけでなく、耳から音声情報が同時に入ってくる

⇒声を出すためにのどや舌、横隔膜などを活発に動かすため、黙読しているだけの場合よりもずっと多くの肉体的な刺激がある


●スピーチの種類

⇒「基本スピーチ」「定義スピーチ」「解答スピーチ」「マスタースピーチ」

クレアールHP
http://www.crear-ac.co.jp/cpa/

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。