司法試験3000人枠撤廃へなど、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

司法試験3000人枠撤廃へ

司法試験3000人枠撤廃へ 需要伸びず「非現実的」

弁護士ら法律家の数や法科大学院のあり方について見直しを議論している政府の「法曹養成制度検討会議」(座長・佐々木毅学習院大教授)が、司法試験の合格者数を「年間3千人程度」とした2002年の政府計画の撤廃を提言する見通しになった。4月に公表する中間素案に盛り込む方向だ。

 法曹3千人計画は01年に公表された司法制度改革審議会の意見書に基づき、10年ごろに達成する目標として閣議決定した。しかし、法科大学院修了者を対象とした新司法試験の合格者は年2千人前後で低迷。「社会の隅々に法律家を」という理念のもとで進められた司法制度改革の大きな柱が見直されることになる。

 法務省によると、昨年の合格者は2102人で、合格率は25・1%。当初の想定の7~8割を下回った。合格率の低迷で法科大学院への志願者も減少。昨春の志願者は1万8446人で、法科大学院ができた04年度の約4分の1まで落ち込んでいる。
.
朝日新聞社


なお、参考までに、
司法制度改革の3本の柱
(司法制度改革審議会「意見」 平成13年6月12日)
①国民の期待に応える司法制度
○ 民事裁判の充実・迅速化
・審理期間の半減を目標

○ 知的財産権関係事件など専門的知見を要する事件への対応強化

○ 民事執行制度の強化

○ 裁判所へのアクセス拡充
・利用者の負担軽減
・民事法律扶助の充実

○ 裁判外紛争解決手段(ADR)の拡充・活性化

刑事司法制度の改革

○ 刑事裁判の充実・迅速化

○ 被疑者・被告人の公的弁護制度の整備

②司法制度を支える法曹の在り方
法曹人口の拡大
○ 司法試験合格者数を平成16年に1,500人とし,新たな法曹養成制度の整備状況等を見定めながら,平成22年ころには3,000人まで増加

○ 裁判官,検察官の大幅増員など司法を支える人的基盤を飛躍的に増大

法曹養成制度の改革

○ 法科大学院を中核とした新たな法曹養成制度の整備

弁護士制度の改革

○ 弁護士の活動領域の拡大,アクセスの拡充,執務態勢の強化,隣接法律専門職種の活用

検察官制度の改革

○ 検察の人事・教育制度の見直し

裁判官制度の改革

○ 判事補に多様な経験を積ませる仕組みの整備,弁護士任官等の推進

○ 下級裁判所裁判官の指名につき意見を述べる機関の設置

③国民的基盤の確立
刑事訴訟への新たな参加制度
○ 一定の重大事件につき,国民が裁判官と共に評議し,有罪・無罪の決定と刑の量定を行う制度の導入

その他の参加制度の拡充

○ 検察審査会の一定の議決への法的拘束力の付与


ついでに、データを・・・
【旧司法試験合格者数】(1949年~2010年の累計)

1 東京大学(6537人)
2 中央大学(5484人)
3 早稲田大(4205人)
4 京都大学(2938人)
5 慶応大学(2071人)
6 明治大学(1108人)
7 一橋大学(1003人)
8 大阪大学( 797人)
9 東北大学( 757人)
10 九州大学( 640人)
11 関西大学( 591人)
12 名古屋大( 561人)
13 日本大学( 521人)
14 同志社大( 517人)
15 立命館大( 436人)
16 神戸大学( 425人)
17 北海道大( 413人)
18 大阪市大( 351人)
19 上智大学( 335人)
20 法政大学( 321人)
司法試験合格者数首位獲得回数
【旧司法試験】
① 東京大 38回(昭和24、25、46、47、49~56、59~63、平成1~16、18~22)
② 中央大 22回(昭和26~45、48、57)
③ 早稲田 3回(昭和58、平成16、17)
※平成16は東京大、早稲田が首位タイ


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]