国際連合公用語英語部門(国連英検)C級 合格など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際連合公用語英語部門(国連英検)C級 合格

国際連合公用語英語部門(国連英検)C級

大学受験勉強の一環で受験しました。
英検2級より若干易しいレベルでした。
英検と違って、1次試験のみで最終合格ですし。

特A級からE級までの6段階があり、2つの隣接する級との同時受験が可能。C級からE級まではマーク式の一次試験のみ。B級はマーク式と英作文の一次試験のみ。特A級とA級はマーク式と英作文の一次試験に合格後、二次試験でネイティブスピーカーとの面接がある(2005年まではB級も面接があった)。
■ E級

中学修了程度の文法・文型に基づく英語の理解力が要求されます。

簡単な趣味や自己紹介が出来るコミュニケーションレベルです。

■ D級

高校1,2年程度の文法・文型に基づく英語の理解力が要求されます。

買い物の簡単なリクエストができたり、外国人に道を聞かれて案内が出来るコミュニケーションレベルです。

■ C級

高校修了程度の文法・文型に基づく英語の理解力が要求されます。
高校卒業程度認定試験(旧大検)のおいて、文部科学省はC級以上を英語資格として認定しています。

旅先やフランクな食事の場で会話を楽しんだり、簡単な電話の取り次ぎの出来るコミュニケーションレベルです。

■ B級

英字新聞や雑誌の比較的やさしい記事、日常生活で遭遇する場面を扱った会話文、読みやすい随筆や短編小説などが理解できる読解力が要求されます。

インターネットや雑誌の情報を活用できたり、電話の応対が大きな支障なくでき、日常生活で自由に意志を伝えられるコミュニケーションレベルです。

■ A級

英字新聞等の記事、小説や劇の一場面などを短時間に理解する、あるテーマについて論理的にまとまった内容を英文で表現する、外国人と日常の身近な出来事、時事問題などに関して討論する能力が求められます。

■ 特A級

英語力はもちろんですが国際的に通用する知識・情報なども要求される点に特徴があります。文化、経済等、多くの分野の問題を自由に討論する能力が要求されます。

A級以上では、国際会議等で意思を自由に伝えることができる、グローバルな話題に対応でき、通訳なしで英語の契約交渉ができるコミュニケーションレベルを目標としています。

第1回

1次試験 :5月
2次試験 :7月

第2回

1次試験 :10月
2次試験 :12月

※2次試験は特A級・A級のみです。

公式HP
http://www.kokureneiken.jp/

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。