【宅建士受験者必見】 その他③ など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

【宅建士受験者必見】 その他③

【宅建士受験者必見】 その他③

① 実際のものよりも著しく優良であると一般消費者に誤認される表示は禁止される。

② 公正取引委員会の排除命令は、違反行為が既になくなっている場合でもできる。

③ 排除命令をした場合は、その旨を告示する。

④ 徒歩による所要時間は、80mにつき1分、信号待ち時間等は考慮する必要ない。

⑤ 新築とは、建築後1年未満で、使用されたことのない建築物である。

⑥ 土地の価格は、1区画当たりの価格を表示する。全てを表示することが困難な場合は、最低価格、 最高価格、最多価格帯及びそれらの物件数を表示する。

⑦ 原価法は、価格時点における対象不動産の再調達原価を求め、この再調達原価について減価修正 を行って対象不動産の試算価格を求める手法である。原価法は、対象不動産が建物又は建物及び その敷地である場合において、再調達原価の把握及び減価修正を適正に行うことができるときに有 効であり、対象不動産が土地のみである場合においても、再調達原価を適正に求めることができる ときはこの手法を適用することができる。

⑧ 取引事例比較法は、まず多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、これに係る取引価 格に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を 行って求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の試算価格を求める手法である。取 引事例比較法は、近隣地域又は同一需給圏内の類似地域等において、対象不動産と類似の不動 産の取引が行われている場合に有効である。

⑨ 収益還元法は、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現価の総和を求めるも のであり、純収益を還元利回りで還元して対象不動産の試算価格を求める手法である。収益還元法 は、賃貸用不動産又は一般企業用不動産の価格を求める場合に特に有効である。

⑩ 鑑定評価方式の適用にあたっては、原則として三方式を併用すべきである。

【宅建士受験者必見】 その他は以上です。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/355-edfd2b78
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]