【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ⑦ など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ⑦

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ⑦

① 登記用紙の表題部には不動産の表示事項、甲区には所有権に関する事項、乙区には所有権以外 の権利に関する事項が記載される。

② 建物を新築(又は滅失)したときは、所有者は原則として1カ月以内に建物表示の登記を申請しなければならない。

③ 不動産の表示に関する登記は、登記官が職権ですることができる。

④ 抵当権、地上権、賃借権の登記は、乙区事項欄に記載される。

⑤ 区分所有建物に係る登記に関して、敷地権があるときは、敷地権の表示は表題部に記載される。

⑥ 登記謄本を請求するときは、手数料を登記印紙で納付しなければならない。

⑦ 登記所には、地図及び建物の所在図が備えられており、地図は一筆または数筆ごとに作成され、各 筆の土地の区画と地番を明らかにしている。

⑧ 仮登記は、①権利変動の効力は生じているが、登記申請に必要な手続きが備わっていないとき、② 権利変動は生じていないが、将来権利変動が生じる法律関係が発生している場合に、その請求権 を保全するときにできる。

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめは以上です。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/349-5dcc2c68
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]