【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ② など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ②

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ②

① 法定代理人の代理権の内容は、法律の規定で決まる。

② 複代理人は、代理人により選任された、本人の代理人である。

③ 自己契約と双方代理は禁止される。

④ 代理人を選任するときは、無能力者を代理人に選任してもよい。

⑤ 本人は、代理人の代理権消滅後の行為、代理権限を超える行為についても責任を問われることが ある。相手方が善意無過失の場合は表見代理が成立するからである。

⑥ 時効の利益はあらかじめ放棄することはできない。

⑦ 取得時効は、他人の物を、所有の意思を持って、平穏かつ公然に占有する。

⑧ 一般債権は10年で、債権以外の財産権は20年で消滅時効にかかる。所有権は消滅時効にかからない。

⑨ 裁判で確定した債権でも、10年間の消滅時効にかかる。

⑩ 時効が完成すると、時効の効果は起算日に遡る。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/344-27bf077a
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]