【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ① など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ①

【宅建士受験者必見】 権利関係 まとめ①

① 無能力者の行為は無効ではない。有効であるが取消しできる行為である。

② 未成年者でも、法律上の婚姻をすると能力者(擬制成年)となる。

③ 未成年者の取消しは第三者に対抗できる。

④ 公序良俗に反する行為は無効である。

⑤ 心裡留保の意思表示は、原則として有効。

⑥ 虚偽表示による意思表示は無効である。

⑦ 法律行為の要素(重要な部分)に錯誤があるときは、意思表示は無効である。

⑧  詐欺による意思表示は、取消しできる。

⑨ 強迫による意思表示は、取消しできる。

⑩ 任意代理人の代理権の内容は、委任の内容で決まる。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/343-55a0d619
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]