書籍 「学び」を「お金」に変える技術 井上裕之 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 「学び」を「お金」に変える技術 井上裕之

書籍 「学び」を「お金」に変える技術 井上裕之

内容紹介: .

資格をたくさん取ったり、セミナーに何度も参加したりと、学びにお金を費やしても、一向に収入が上がらない人が多数います。著者は、これまでに1億円近いお金を学びに費やしてきました。そしてそんな人たちとは違い、信じられないくらいの成果をあげてきました。その経験の中で、確信したことは、資格試験などの枝葉の勉強ばかりしても意味がなく、意識を変える学びをしないと意味がないということです。著者が、いつ、どのような学びをしてきたか、というリアルな話を交え、成果を出す(収入を上げる)ことを目的にした勉強法を伝授します。

目次詳細: .

はじめに 学びへの投資を回収できる人、できない人

第1章 人生、すべての問題は「学び」で解決できる
   学びに運命を開いていく

第2章 時間は無限大化できる
  学びの時間はこうして生み出す

第3章 「学び」の成果を“お金”に結びつける
  まず投資。リターンはそこから生まれる

第4章 学びと類友の法則
  よくも悪くも、人間関係は引き付け合う

第5章 1億円プレイヤーへの習慣術
  毎日の習慣こそ、成功者に近づく道

第6章 1億円プレイヤーになるそれは、明日かもしれない
  1日1日、豊かさに近づいていく

●人生の価値は「学びの質と量」によって決まる
人は本来、それほど大きな差をもって生まれるわけではありません。井上先生は、人生を確実に成功に導くものは「学び」と「勉強」だと述べています。さらに「人生の価値、人生の成否は学びの質と量によって決まる」とまで言い切っています。井上先生がいう「学び」とは大人になってからの勉強のことです。自分の人生の価値を最大化する「学び」とは、人として生きていく姿勢、仕事に向かう意欲やモチベーションを高め、磨いていくための努力をいいます。わかりやすくいえば、「学びによって人間力を高めていくこと」を意味するとのこと。

●学びによって意識が変われば、行動が変わります。
 人生は行動の結果です。行動によって、人生の成功を達成する。つまり、自分の望んだ収入や社会的立場を手に入れることができるということです。井上先生曰く、勉強をしているけれど収入アップを実現できない人は、学びが足りないか、学びをお金に結びつけようとする意識が希薄だからだそうです。井上先生がこれまでに「学び」のために費やしてきたお金は総額1億円以上とのこと。しかし、それを大きく上回る成果に結びつき、収入は今なお増え続けているといいます。本書は、井上先生ご自身の体験をベースに「学び」を「お金」に変え、その「お金」がさらなる「学び」を呼び込む好循環を生み出す勉強法について書かれた一冊です。

●「この世の法則」を知っているか、知らないか
世の中には豊かな人と貧しい人がいます。これは厳然とした事実です。両者には1点の共通項さえないように思われますが、実は、同じ法則性にしたがって生きてきた結果に過ぎないとのこと。井上先生は、それを『現実とは常に、自分の思いが実現されたものだという法則』と呼んで、説明しています。

●取り組むときは、真剣に、集中して行なう
社会人ならば普通は仕事を持っています。そのため、毎日何時間も勉強に割くということは難しい人がほとんどです。 井上先生も、ただ時間をかければいい、そんな勉強のしかたは大人の勉強法とはいえない、と述べて、勉強法を紹介しています。

●借金もせずには成功できない 
 世の中、「経済的な余裕がないから学べない」と、お金がないことを勉強できない言い訳にして、学ぶチャンスを逃している人がたくさんいます。井上さんは、そういう人たちに対して、「借金をしてでも学びなさい」と強調しています。企業でいう「投資」の考え方が、個人でも当てはめて考えなければならないということですね。もし本当に成功を望むのなら、「お小遣い」という予算範囲を超えるような投資もときに必要になるということです。
自分の「学び」に必要で、払ったお金以上の効果が見込めると思ったら躊躇なく出資する、そんな「経営感覚」を今のうちから持っておきたいものです。

●本気で行動する
「学び」は自己満足で完結してはいけません。あくまで、行動に結びついて成果を上げることが目的です。井上さんは、自己満足だけで終わってしまうなら、「学び」の意味はゼロだといってもよいくらいだ、と述べて、その後の行動の重要さを説いています。本を読んだり、セミナーに行って知識として蓄えたとしても、その知識を実際に使って行動してみなければ、学んでいないのと一緒ということです。一冊の本の中の一ヶ所だけでもいい、印象に残った部分を頭に刻み込んで、実際に行動してみる。そして、その行動が習慣になるまで続けてみるということが最も大事なことだということですね。

 結局は、「お金」はその人の社会的な人間の価値につけられるものです。井上先生は学びを続けていくと、最後は「人間性を高める学び」に行き着く、と述べています。「学び」は僕らが自分自身にできる唯一の「投資」といえます。つまり、自分自身の価値を高めるためには、「学び」にお金をかけるしかないということです。かけた時間とお金の分だけ、それに見合った成果が上がるのが「投資」です。失敗することもあるでしょうが、それも見込んでトータルとして考えなければいけませんね。大事なことは「学び続けること」。常に「自分」という“投資先”に希望を持ち続けて、日々研鑽を重ねていきいきたいものです。 


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/201-832fcd9d
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]