書籍 「金持ち父さん貧乏父さん」 ロバートキヨサキ著 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 「金持ち父さん貧乏父さん」 ロバートキヨサキ著

「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート キヨサキ著

≪金持ちが教える億万長者になる5つの教え≫
■1.お金のために働かない


「金持ち父さん」がハワイ一の金持ちになったのはこの考え方のおかげだった。これこそ、人生に大きな違いをもたらす唯一無二の考え方だと言える

中流以下の人間はお金のために働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる

お金を稼ぐために働いていると、終わりのないレースを走り続けることになります。家と車を買うために我武者羅に働いて収入を増やし、さらにより良い家と車を買うために臭い古雑巾の如く働く。

本書ではこの状況に陥ってる人を目一杯の皮肉を込めて「ラットレース」と表現しています。

ラットレースから抜け出すためには、お金を外部から受け取るのではなく、自らのアイデアでお金を作り出す働き方が求められるのです。

■2.資産と負債の違いを知る


大部分の人は資産と負債の違いを知らないために、いつもお金がなくてヒイヒイ言っている。

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ

本書における資産と負債と定義は独特で、それは以下の通りです。この定義にのっとれば、資産という固定観念に縛られ、負債を進んで増やしている状況がよくあるということになります。


資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく

その最たる例は「持ち家」です。家が大きければ大きいほどローンや税金、保険料や維持費、光熱費などの形で私たちのポケットからお金を奪っていくからです。

■3.お金について勉強する


この四つの技術を組み合わせれば、お金でお金を作ることが簡単にできるようになる。それなのに、お金に関することになると、ほとんどの人が持っている唯一の技術は「一生懸命働くこと」だけなのだ。

私たちはお金の力を認めていながらも、お金の知識を増やそうとする機会が圧倒的に不足しています。

楽譜が読めなければ楽器を演奏できないように、お金に関する基本的な読み書き能力が無ければお金を稼ぐのは難しいでしょう。

どんな分野で活躍するにしても、お金に関する知識として以下の4つをきちんと学ぶことが求められるのです。

1.会計力
2.投資力
3.市場の理解力
4.法律力


■4.学ぶために働く


彼らは教えられてきた通りのことしかしない。つまり、「安定した仕事を見つける」ことだけを考える。たいていの人は給料と、退職金や年金など、会社から与えられる恩典のために働く。これらは短期的に見れば有利かもしれないが、長期的に見た場合は悲惨なことになりかねない。

「いくら稼げるか」で仕事を探すのではなく、長期的に見て自分はどんなスキルを身につけるべきかで仕事を探すことが大切です。

人生で最も充実した30年間を1つの会社の手に委ね、ただひたすら一生懸命働くのではなく、学びたいことに焦点を当てて職を変える柔軟さも時には必要ということです。

■5.五つの障害を乗り越える


お金の流れは読めるようになったのに資産を増やすことができないという人にとって、大きな障害となるものとしては次の五つが考えられる

1.恐怖心
2.臆病風
3.怠け心
4.悪い習慣
5.傲慢さ

知識やアイデアがあっても、それを発揮できなければ不毛です。あなたの画期的な計画を実行するためには、精神、感情、行動、習慣など、あらゆる面で自らを律する必要があります。

夢物語を現実的に実行可能な行動に落とし込めたとき、経済的独立への扉がはじめて開くのです。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/185-a97118b9
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。