書籍 超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法 山口佐貴子著 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法 山口佐貴子著

超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法 山口佐貴子著

フォトリーディングとは、自分が知りたいことを、数万字ある本のなかからすばやくピックアップするもので、数多くある速読術が眼の使い方に寄ったものが多いなかで、脳の使い方に寄っているのが特徴です。

原理的には、道路を通行中に交通標識をチラ見する感覚に近いので、すでに誰でもやっていることを読書目的に最適化したものと理解していただければ全体感が得られると思いますが、フォトリーディングが日本に紹介された当初は本が速く読める実利的なメリットが特長としてかなり強調されたためか、速読術の側面が社会に浸透していきました。

今回の山口先生の書籍は、タイトルからも分かるとおり、「フォトリーディング技法を使って勉強する、能力を高める」ところに力点が置かれていて、本来の目的である『脳力
開発』についての内容となっています。この「脳」や、「脳の使い方」というテーマになると、既存カテゴリとして、大学の研究者のような脳の専門家が書くものか、またはNLPのような技法に寄ったものになり、とかく「数多くの新しい言葉を一生懸命理解しなければ いけない読み物」になってしまうところですが、今回の書籍では山口さんの長年のセミナー講師の経験を基に、多くの人が気になるポイントを項目として取り上げ、しかもイラストを多用して解説するなど、難しい印象の「脳の使い方」を、自分の「頭の使い方」に置き換えて分かりやすく解説している『翻訳本』になっているのが最大の特長です。

 また、フォトリーディングを使って試験合格した人の体験談がかなり掲載しています。著者の山口先生のホームページで体験談インタビューが紹介されている人のようですね。

 → 社会保険労務士合格

 → ディジタル技術検定 1級情報部門において文部科学大臣賞受賞

 → たった3週間で東大大学院合格

上の体験談も読んでみましたが、『どんな本でも大量に読める「速読」の本』で解説したように、潜在意識に写しとる「フォトリーディング」の結果というより、大量の繰り返しによって記憶・理解しているだけのように思いますね。(マインドマップを使う効果はあるのかもしれませんが)ただ、とても丁寧なインタビューで参考になると思うので、インタビュー記事読んでみてください。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/181-4611b803
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]