書籍 2030年世界はこう変わる 米国国家情報会議 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 2030年世界はこう変わる 米国国家情報会議

書籍 2030年世界はこう変わる 米国国家情報会議

「日本はもはや復活しない。アメリカは2年後、中国も12年後にはピークを過ぎる。
すさまじい大変化が起こるだろう」(立花隆氏) ただし立花隆氏は序文だけ。

この本は元々アメリカの大統領が当選した後、就任式の前に渡されるレポート資料。中長期(15~20年後)の世界のトレンドを、このために作られた米国国家情報会議がまとめたもの。つまりオバマは2度にわたってこのレポートに目を通してきたわけだ!

大きく×3つのパートに別れており、

第1章 メガトレンド 「2030年の世界」を決める4つの構造変化
個人の力の拡大、権力の拡散、人口構成の変化、食料・水・エネルギー問題の連鎖

第2章 ゲーム・チェンジャー 世界の流れを変える6つの要素
世界経済、変化に乗り遅れる国家の統治力、大国衝突、広がる地域紛争、最新技術の影響力、変わる米国の役割

第3章 オールタナティブ・ワールド
 2030年のシナリオ1~4
「欧米没落」型、「米中協調」型、「格差支配」型、「非政府主導」型

第1章2章、4つのトレンドと6つのゲームチェンジャーの要素は上記でざっと理解できよう。そこから、それらが組み合わさりどんな可能性が引き起こされるか?の3章がクライマックス。このへんの構成が、実にアメリカらしいと感じさせる。ただ不満もちょっとだけある。冒頭に最も大きく提示される、肝腎の「世界の中間所得者層の購買力比較」中間所得者層の購買力こそが、世界経済のエンジン、だという主張。それに反対はしないが、いくら単純化しなければとはいえ、まずは「中間所得者」をどう定義したかの記述がない。また、「所得者全体」や「高所得者ミックス」などの表ぐらいあってもいいのではないか?

第1章 メガトレンド 「2030年の世界」を決める4つの構造変化
メガトレンド1 個人の力の拡大
メガトレンド2 権力の拡散
メガトレンド3 人口構成の変化
メガトレンド4 食料・水・エネルギー問題の連鎖

第2章 ゲーム・チェンジャー 世界の流れを変える6つの要素
ゲーム・チェンジャー1 危機を頻発する世界経済
ゲーム・チェンジャー2 変化に乗り遅れる「国家の統治力」
ゲーム・チェンジャー3 高まる「大国」衝突の可能性
ゲーム・チェンジャー4 広がる地域紛争
ゲーム・チェンジャー5 最新技術の影響力
ゲーム・チェンジャー6 変わる米国の役割

第3章 オルターナティブ・ワールド 「2030年」4つの異なる世界
2030年のシナリオ1 「欧米没落」型
2030年のシナリオ2 「米中協調」型
2030年のシナリオ3 「格差支配」型
2030年のシナリオ4 「非政府主導」型


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/174-d6d1a6ad
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]