書籍 寺田昌嗣 フォーカス・リーディング など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 寺田昌嗣 フォーカス・リーディング 

書籍 寺田昌嗣 フォーカス・リーディング 

『フォーカス・リーディング』

1冊10分のスピードで10倍の成果を出す「いいとこどり」読書術。今どきのビジネス書や新書を、一冊10分で読みたい。読書を仕事の成果と自分の成長に確実に結びつけるという人にオススメの本。

ひょっとすると「本を読めば成長できる」と思っているかもしれません。でもそれは完全な思い込みです。あるいは「丁寧に読むほど学びが多くなる」「たくさん読むほど成長できる」と思っていないでしょうか?これは完全な幻想です。世の中には明確な目的を持って読書している人とただたんに本を読む人がいます。読書を成果や成長に結び付けるキーワードとなるのがフォーカスです。ごく簡単にいってしまうと、、フォーカスがずれているかを読者が時間の浪費になってしまいます。もっとも肝心な本を読んだ時の成果です。

読書の投資対効果
 
  著者の力×あなたの経験値
= ------------------------- × あなたのビジネス力。
     読者にかけたコスト

本から得た知識や情報をどれだけビジネスに生かせるかは「あなたのビジネス力」の部分にかかっています。自己啓発書を書くような達人は、この「あなたのビジネス力」の部分が最初から協力で本を読むだけで利益○倍ということが起きます。読書の達人と達人を目指して頑張っている人が同じ本の読み方をしていたらダメです。達人を目指す人は時間というコストをいかに圧縮して、それでいい成果・効果を低下させない読書を実現する力、これがあなたの読書の最大の課題になります。目的に徹底的にフォーカスした要領のいい読書、これがフォーカスリーディングです。なぜ10倍ではダメなのでしょう?速さに頼るという発想がナンセンスです。速さをどれだけ高めたところで本がこれだけあふれる様になったら何をどう読むかではなく何を読まずして済ませるかを考えなければとけないからです。目指すのは加速することではなく、読み方をシフトすること、目的にフォーカスすることです。本は一冊10分で片付ける。手に入れたい成果を最大化するために、徹底的に無駄を排除して、いいところだけを手に入れ、それを成果に結びつける。それがフォーカスリーディングです。

一冊10分と言われたらあなたは読書のし方を根本から考え直すはずです。本をしっかり読むのは大切なことですよとあなたは言うかもしれませんが、それは充実感を指しているのでしょう。労力と上達は比例しません。これはスポーツの経験がある人ならわかるはずです。手に入れた知識があなたの中で、あなたの現場でどう生かせるのかの方がはるかに重要です。尊敬すべき現代の賢人の多くが「多読すべし」と主張しています。その真意は
どこにあるのか?考えてみる必要がありそうです。

•多読というときの読むという言葉はどういう読み方を指しているのか。
•彼らにとっての100冊とあなたにとっての100冊は同じ重みなのか。

あふれるほど出版される本の中から読むべきものを選ぶ時、あなたが師と仰ぐ人のオススメは確かに参考になるでしょう。多くの良書に解かれてきた人の選書というのは実際非驚に有益です。利用しない手はありません。しかし、それはあくまで第一歩、あなたにはあなたの現場があって、あなたの経験値があって、あなたの立ち位置、ステージがあります。
あなたにとっての学びは、あなたの中からしか生まれてきません。ですから、読む本はあなたが主体的に選ばないとダメなのです。

「売れているから」は買う理由になりません。実際はこの10年、20年の間に本はずいぶんと変わってしまいました。例えば売れ筋の本は軽く楽しめるものが中心です。この読みやすさのもう一つのカギが文字数。実は最近の新刊書は文字数だけで見ると小学生向けの本と同じレベルです。本当にこれでいいの?という気はします。

ここからは読み方の話しです。

読もうという意識が強くなると、視野は狭くなります。内容がむずかしい時や受験の様なストレスのかかる状況だと視野が狭くなってしまいます。視野が狭くなると、意識下で文脈をつなぐ作業の効率が悪くなって、理解しづらくなります。視野を狭めて頑張って読んでも、理解度は高くなるわけではないということ。高くなるのは安心感と満足感だけ。そしてこの満足感がクセモノです。視野を広げれば理解がスムーズになるのは、どうしても視野を狭めて満足感を求めてしまいがちです。本当は文章理解をスムーズにしようと思ったら「しっかり読む」と頑張ってはいけません。読書に何を求めるのかをはっきりさせる。
必要なのはクールな視点。

わかりやすくいうと、得るものが少ない本にダラダラと付き合わないこと。得るものがゼロでないとしても、「割に合わない」と感じたら、躊躇せずに本を置くこと、投資の世界でいう‘‘損り’’です。多読を進める人はたいてい速度のできる人ですから、コスト感覚が違います。速読術を身に付けていない普通の人は本を買わずに読書家の友達たちをお茶に誘って、読んだ本から得たポイントを聞いた方がはるかに効率的です。自分の苦手なジャンルであればなおさら、コスト(時間、お金、労力)は削るだけのものではありません。
リターンとして「具体的なノウハウ」を求めるのてあれば、わかりきった理論的な説明は完全に無視をしてもよく、著者ならではの主張を知りたければ目次を見て想像が付く章は飛ばすという手もあります。得られるリターンを最大化するために、メリハリを付けて、適切にコスト配分するという考え方が必要です。リターンは視点やノウハウなどの様にあなた自身の思考、行動に直接結び付くもの、あるいはその思考、行動をサポートする情報などです。

それとは別に読書には大事な機能があります。読書はあなたの経験値やビジネス力そのものを高める力を持っています。プロゴルファーの宮里藍さんの強さの秘蜜の一つに読書にあると語っています。集中力を高く保ち、イメージ力や高めるこの様な読書は本から何かを得るというよりも、読書の営みそれ自体がリターンをもたらすと考えなければなりません。効率を求めれば間違いなくその効率が失われます。時間を惜しまず、粘り強く言葉と格闘し、思考を深める作業によってのみ言葉のデータベースは豊かになっていくものですし、そのデータベースこそがあなたの知性と感性の源になります。読書のパターンはあなた次第、速度はスポーツのノリで身に付けましょう。反復練習なしに速度術は身に付きません。

ところが読書についてはこの基礎練習がいらないと読解している人が多いです。読書技術を身に付ければ能力も高まっていき、本の知識はぐっとあなたに近付いてきます。

速度には大きくわけて3つのステージがあります。
初級1分間で2000字レベル。速度のトレーニングをしてない人でも急いで読めばなんとか1300字くらいまでは到達できますが、質の劣化が激しく内容をほとんど理解できないどころか疲れてしまいます。

上級1分間で4000字レベル。眼と意識のコントロールが完全な状態になると2400~3000字程度のスピードになります。自分の得意とするジャンルの本を読む場合、4000字のスピードでも高い質を維持できます。

達人級1分間で1万字超レベル。完全に感覚の世界、一流のスポーツ選手と同じと言っていいでしょう。

最後に実際にトレーニングに取り組む際に気を付けていただきたいこと
をお伝えします。まずはプロセスを大事にするということ・それがその先の成長と飛躍の根拠になります。できないことをできる様にするのがトレーニングです。ですから、今できないことは当たり前、そこでイライラしたりしないこと。えてして成長の曲線は終盤で幾何学数的に上昇カーブを描くものです。そこに至る前にあきらめてしまわぬこと。

成長思考で読書を楽しみましょう。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/128-d3e2d153
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]