書籍 宮口公寿 「読んだら、きちんと自分の知識にする方法」 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 宮口公寿 「読んだら、きちんと自分の知識にする方法」

書籍 宮口公寿 「読んだら、きちんと自分の知識にする方法」

「記憶術をマスターするための」3つのポイント
1.憶え方
・憶えたいものをイメージ化する
・簡単なものは、(物語のように)そのイメージを結合していく
・複雑なものは、部屋にあるもの等すでに憶えているものに結合していく

【WORK1 連想結合法】

例:女性、三角定規、犬、バナナ、時計、傘、タコ、指輪 
「この関連性の無い言葉を順番に覚えてくださいと言われたら・・・」

ポイント、憶えたいものをイメージ化しストーリーにすると覚えられますよ。
尚、ワンセンテンスに一つ感情を入れるとGOOD 怖い・痛い・有り得ない・・・等々

1.怖い顔した浜崎あゆみ(女性)が、三角定規を握っている・・・マジ怖い 
2.それを見て恐れをなしたチワワ(犬)が慌てて走りだした瞬間足元のバナナの皮で足
を滑らせ転んだ・・・痛そう 
3.そこに傘を差したタコが現れた。・・・ありえない
4.8本の足にはダイヤの指輪が光っていた・・・チョット欲しいね

3回イメージしたら。順番とおり覚えています。これ、連想結合法と言います。覚えたい事にストーリーがあると非常に憶えやすく忘れにくいそうです。

【WORK2 場所法】

同様に多数のモノ、こと、言葉を憶える場合は、部屋にある机・椅子・照明・書棚・花瓶・・・にそのものを「貼り付ける」

例えば、マンゴを机に張り付ける。
例えば、ちょっと大きめ一個3,000円の宮崎完熟マンゴの皮をむいたものを、机の上にじかに置く。酸味がありそうでつばが出てくるが、一口食べるとその濃厚な甘みが・・・でも机の上にじかにおいたら折角のマンゴが汚れてしまいそう・・・次にショートケーキこれは椅子に張り付けましょう。これを次々に行っていく。

2.アウトプットが大切

アウトプットとは、憶えた内容をもとにして、新たな内容を創造すること。
本書では、
① 70%理解する(どこを憶えれば良いか特定し、全体の筋道を軽くとらえる)
② 記憶術を使って暗記する
③ 他人に話す。(論理を再構成する)

記憶は他人に話すと定着します。特に、自分の意見で「相手を説得したい」時。
① 自分の頭の中で理論構成を検討し、説得できるように再構築
② それぞれの相手に合わせて再構築したものを熱く語る。
③ 70%理解で憶えた知識を頭の中で「一覧」にすると、頭の中の全ての知識が反応し、100%以上の理解につながる。

例:この本を人に勧める時。
① 上記書籍を読み、70%(自分のできる範囲/私はレバレッジメモにまとめる)理解する。
 ターゲットを決める。例:40代男性。
「最近、物忘れがひどくて・・・あなたどうですか???」
 だいたい、聞かれた人は「YES」
「物忘れに聞く特効薬があるけど・・・聞きたい???」
 「YES・YES」

② 圧倒的で情熱的なセールストーク
説得するときのスタンスは人によりますね
私はツイ感情をこめて語ってしまいます
最近は説得するときは淡々とメリット・デメリットを語るよう努力しています 

③ 話しているうちに色々なイメージが湧きおこり、本で得た以上の知識・内容を語っている。

3.イメージ力を強化する。

例えば、隣のポチ(ブルドック)→犬→哺乳類→動物→生物 

・隣のポチはイメージできます。
・犬も、自分の記憶の種類分だけイメージできます。
・哺乳類から怪しくなります。

本書では、「イメージ化というと、そのもののイメージ(絵)を頭の中に思い浮かべることと思うかもおしれません。それも間違っていませんが、正確にいうと、その言葉から感じるインスピレーションといった方が正確かもしれません」p89
との記載があります。例えば、イチゴはイチゴそのものでも良いし、イチゴの美味しいカフェレストランでも良いし、イチゴの有名な産地でも良い。しかし、だんだん抽象度が上がってくるとイメージしにくくなります。本当は、ここが記憶術の肝だと思います。多様な読み方ができる素敵な一冊でした。




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/126-3a505277
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]