書籍 宮口公寿『要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣』など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 宮口公寿『要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣』

書籍 宮口公寿『要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣』

この本には「読書という行為から元を取る方法」「かけた時間とお金を何倍にもして取り返す方法」が書かれているそうです。著者は昭和34年生まれ、東大薬学部卒業後、大手薬品メーカーの研究所に勤務した後、株式会社フューチャーワークスを設立し、ITに関する仕事をされている方です。また、宮口式記憶術を公開し、4年間で1万人以上の指導を行っているそうです。
読書は一つの作業として、ワークフローで考えるとよいのだそうです。本書は、今・これからの読書法として、趣味のための読書ガイドではなく、゛読書という行為から元を取る方法゛゛かけた時間とお金を何倍にもして取り返す方法゛が書いてあります。目的をしっかりと意識して「何のために読書するのか?」実に難しいけれど、読書に時間を費やす上では大切なこと。著者は、記憶術のセミナーを多数開いていることもあるし、タイトル通り本書の内容がまず、要点がとってもわかりやすかったです。今は知識を得る手段は゛本゛以外たくさんあって、ネットやITツールで簡単に解決できる問題が多い。だからといって、よほど効率を意識していないと、どんどん解決しなくてはいけない問題が増えるばかりだったりします。

 第3章に要点を理解して、自分の知識にする方法゛の実践法が書いてあるのですが、実践3(実践1~6としてポイントがある)の読書する前にすることは、どんな時でもおすすめしたいと思います。
 
実践1 どんな問題を解決するのか?
 実践2 どんな本を選択するのか?
 実践3 読書する前にすること・・・・・・クレドの作成
 実践4 読書している間にスマートフォンを使う
 実践5 問題解決シートを作成する・・・・付箋をマインドマップのように
 実践6 アウトプット・・・・・・検証・応用・再構成
          
 
「実践1 どんな問題を解決するのか?」がはっきりしていれば、ビジネス書なども隅から隅まで徹底的に読む必要はありません。分かっている部分や必要のない部分を飛ばして、求める課題を解決する場所を中心に読めばいいからです。

 実践3には「クレドの作成」というものがありますが、クレドとは「信条」を意味します。読書におけるクレドの作成とは、実践1の問いを深掘りして「何のためにこの本を読むのか?」をはっきりさせることだそうです。一冊の本を読むのにクレドを考えるのか!とビックリしました。

 せっかく手に入れた本を効率よく読むためには、こういう法も必要かも知れません。これをヒントとするなら、私の場合は準備なしで読みたいので、クレドをつくるよりもテーマを決めてそれをいままで以上に意識して「絞りながら」読んでみようかな、と思います。付箋を使ってマインドマップのようなものを作成すると、問題解決が「見える化」されるそうで、その方法も紹介されています。私は付箋よりも赤ペン派ですが、どちらにも一長一短があると思います。自分に最も合う方法を考えればよいと思います。

あと、これからの読書として
・論理的な読書
・実用書
・楽しみのための読書
種類別に意識したいポイントも、本書は有益でした。



このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/124-05de22a8
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]