書籍 涼木修三 「超高速勉強法」 など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 涼木修三 「超高速勉強法」

書籍 涼木修三 「超高速勉強法」

「自己暗示」はやる気を生むもっとも大切な方法だ。
集中力を高めるいちばんの方法は「時間設定法」である。

「努力逆転現象」「圧力思考症候群」
「雑念を押さえ込むのではなく」「雑念を、むしろ歓迎して、受け入れる。」

「香りの利用」
「音楽療法」…音楽でなくても、ある程度の雑音があるといい。
「部屋の整理」
「観葉植物」…緑色の利用

「勉強時間=記憶時間+想起時間」
「決して無理をしない」計画を立てる。

記憶力を高めるには、「記憶をする時間よりもまず、整理をする時間を作る。」
文章のイメージ化という「整理」
記憶術は整理術。
本人がやり遂げる努力。意志を保ち続ける力。実行する力。

「コラムの前半を読み、後半を予測する」訓練。
想像・予測することが大切で、それがあるから、間違っているとか、かすっているとか、合っていた!とかがわかる。想像しなければ、わからない、(それは受け身になる。

判断力、読解力、洞察力。
記憶に対してもそれをやってもいい。「あれはこうだったっけ」と予想・想起する。想像して、(合っていたり、間違っていたりということを)楽しむことが、記憶を固定化し、かつ理解度を高めるのに役立つ。

記憶(再生)術の4ポイント
反復する。関連づける。整理する。…番号を振る、色で分ける、ノートに写す、図や表にする。思い出す癖をつける。

大敵は「ダメ」何じゃないかという思いこみ。
機械的にやる時間を決めたら、機械のように、はかどったはかどらなかった関係なくそれで終わる。

目次…そこから、一章、節あたりの時間、ペースなどを計算する。学習の進度を予想するためにやる。

Not HB. You should use B or 2B.
記憶は失敗で強化される。書き出しでは、消しゴムを使わないでみる。

「5タイプの読み方」がここで出る。(…「読む技術」「フォーカスリーディング」で既出)
例外は受験のへそ

読書…「習ってないから出来ない」ではなく、わかろうがわかるまいが進む。

本番力…平凡さシンプルさ。迷いをはじく。
「忘れることの大切さ」「干渉理論」出てくる。(…「高校生の勉強法」)

「どうして、私だけがうまくいかないのだろう」
「人生は、うまくいかないかおもしろいんだ」という転向。プラス思考のひとは、うまくいかない理由を事実に求めている。自信のないひとは、「型からはいること」を覚えておきましょう。内面を変えるよりも、型から入った方が、やりやすい。わからなくてもやることが大事。完全にたどり着けるひとは1割にも満たない。だから完全主義は捨ててみた方がいい。1つ自信を持つと、何事にも積極的になれる。

受験勉強のノウハウ本であるが、記憶をする技術についての考え方が、超能力的な記憶法の効果宣伝本ではなく、作者の実体験を交えて非常にイメージしやすく解説されている。記憶にテクニックのみでなく、記憶の基本であるがむしゃら記憶法(全ての人がまず行う繰り返しによる力技記憶)においても、記憶の目的をはっきり意識しモチベーションを高く維持することにより、効果を高めることができる。とか、整理と分類を行うことにより、記憶は早く確実に行えるといったようなノウハウも解説されている。語呂合わせ等の表面的な記憶法解説書ではなく、心理学的な対応方法まで踏み込んでいる点がとても新鮮で面白かった。




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/118-2035dc9a
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]