書籍 『陽転思考―ほんとうの自分と出会うために』 小田全宏など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

書籍 『陽転思考―ほんとうの自分と出会うために』 小田全宏

書籍 『陽転思考―ほんとうの自分と出会うために』 小田全宏

小田先生は、松下政経塾に入られ人間教育を研究してこられた方です。

タイトルの「陽転思考」とは、すべての出来事をあるがままに受け止めて、ベストを尽くし、感謝と感激をもっていくという心構え。

結果は問わない。
最善をつくす。
なるときはなり、ならぬ時はならぬもの…。

そうすると、なにものにもとらわれない
絶対の自由が獲得できる。

という考え方であるかと思います。

 私自身いろいろな外らのメッセージにより
様々な精神状態になりがちですが、
そのメッセージを感じているは「自分」であり、自分次第で幸せにも不幸せにもなる。


すべては自分次第であるということを再認識しました。


また、自分自身の行動と感情と思考と欲望をコントロールすることでまた違った自分に出会えるのではないかと思いました。

また、先生がセミナーで、『陽転思考』のポイントとして挙げられたのは次の5つ。

1)プラスの言葉を使う
水が半分入ったコップを見て、「もう半分しかない」と言うか、「まだ半分もある」と言うか。物事のプラスの面を捉え、プラスの言葉を発することによって気持ちや行動の結果も変わってくる。

2)笑顔
いいビジネス(仕事)をするためには人に好かれる必要がある。あなたが好きな人を思い浮かべたとき、思い浮かぶ顔は笑顔のはず。

3)感動して生きる
脳が若いか、活性化しているかは「感動できるか」の問題。ごはんを食べておいしいと思う。お風呂に入って気持ちいいと思う。契約を頂いてうれしいと思う。心からそう思い、それを声に出すことによって脳が活性化する。

4)人の話を真剣に聞く
D.カーネギー曰く「人を動かしたいなら、その人の話を熱烈に聴くことである」。

5)夢を持つ
「あなたの夢は何ですか?」と聞かれてすぐに答えられる人は少ない。しかし、夢を大げさに考える必要はない。夢を持つとは「未来のどこかの時点で(明日でも来月でも3年後でも構わない)それが実現できたらうれしいなと感じることに対して、わくわくしながら今何かをしていること」。ああなったらいいなと思って何かに向かって進んでいる「今」が大切なのであって、夢を持つことで「今」が充実することに意味がある。

それから印象に残ったのは松下幸之助翁がおっしゃったという言葉。

松下幸之助翁は「運がいい人とは?」という問いに対して、多くの人はいいことが起こることが運がいいと思っているけれども、そうではなく、「何が起こっても自分は運がいいと思っている人が運がいい人」とおっしゃったそう。陽転思考とはまさに松下幸之助翁の考え方を表していることがよく分かるエピソードだった。

そして最後に小田氏はこんなことをおっしゃった。「幸せな人は幸せ。不幸な人は不幸。でもそれを決めているのは全て自分(の脳)。」当たり前のようだけど、これも深い言葉。

アクティブブレインHP
http://www.oda-abs.com/

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://nori0289750.blog.fc2.com/tb.php/101-04e01a57
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]