あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

裁判所事務官採用Ⅱ種試験 1次試験 合格

裁判所事務官採用Ⅱ種試験 1次試験

公務員試験の一つ。当時は憲法、民法、刑法と一般教養だった。
この時代の試験問題は比較的平易なものが多かったためか、
予備校などでは合格最低ラインは80%以上と言われていたが
実際は65%ほどだった。(予備校いい加減だね。)
法学検定3級と2級の間のレベル。
なお、管轄地によって、合格ラインが違うようだ。
また、法律科目と一般教養の点数はそれぞれ偏差値法によって算出されるみたい。
(素点ではない。)

2次試験の面接にも行ったが、結果は残念。
圧迫面接のようだった。
何故か最後に必ず、運転免許の事故、減点歴を聴かれる。(私はペーパードライバーなので無事故無違反だった。)

裁判所事務官(さいばんしょじむかん)とは、日本の裁判所に置かれる裁判官以外の裁判所職員の一つ。最高裁判所、各高等、地方、家庭、簡易裁判所に置かれ、司法行政事務全般に従事する(裁判所法第58条)。

裁判所事務官は,各裁判所の裁判部や事務局に配置されて、裁判部では裁判所書記官のもとで各種の裁判事務に従事し,事務局では総務課,人事課,会計課等において司法行政事務全般に従事する。裁判官以外の裁判所職員の毎年公開試験が行われている中で家庭裁判所調査官とともに最初につく職種である。また、裁判所書記官の下位職種となる。

裁判所事務官は事件部において裁判所書記官の下で職務につくほか、事務局に配属され、司法行政事務にたずさわる。昇進は係長、課長補佐、課長、事務局次長、事務局長の順。 また、裁判所職員総合研修所入所試験に合格し1~1年半程度の研修を受けるか、書記官任用試験に合格すると、裁判所書記官になることができる。

【総合職試験/大卒程度試験】
●1次試験

□基礎能力試験(多肢選択式:40題:3時間)

1.知能分野(27題)
 ①文章理解、②判断推理、③数的推理、④資料解釈
2.知識分野(13題)
 ①自然・人文・社会(時事を含む)

□専門試験(多肢選択式:30題)

1.必須問題
 ①憲法、②民法
2.選択問題(以下の2科目から1科目を選択)
 ①刑法、②経済理論

●2次試験

□政策論文試験(記述式/1題)
□論文試験(小論文※2)
□専門試験(記述式/4題)

 ①憲法、②民法、③刑法

□人物試験(個別面接)

●3次試験

□人物試験(集団討論及び個別面接)


--------------------------------------------------------------------------------


【一般職試験/大卒程度試験】
●1次試験

□基礎能力試験(多肢選択式:40題:3時間)

1.知能分野(27題)
 ①文章理解、②判断推理、③数的推理、④資料解釈
2.知識分野(13題)
 ①自然・人文・社会(時事を含む)

□専門試験(多肢選択式:30題)

1.必須問題
 ①憲法、②民法
2.選択問題(以下の2科目から1科目を選択)
 ①刑法、②経済理論

●2次試験

□論文試験(小論文)
□専門試験(記述式/1題)

① 法

□人物試験(個別面接)

公式HP
http://www.courts.go.jp/saiyo/

記憶法

体制化 関連する情報をまとめ、整理して覚える

語源で覚える

建設業経理事務士 2級 合格

建設業経理事務士 2級

日商簿記、全経簿記の次くらいの簿記検定。
当時は年1回しか開催していなかったので
問題は大したことはないが、計算ミスが怖かった。
日商や全経の3級レベルでは?
過去問の焼写しが結構多い。

試験は1級・2級は年に2回 (9月・3月) 、3級・4級は年に1回 (3月)実施される。
各級の基準
1級 建設業に係る簿記・会計学・原価計算を習得している。会社法のほか、企業会計に関する法規を理解し、経営分析ができる。 2級 実践的な建設業に係る簿記・原価計算に関する知識を有し、建設業に係る決算の実務処理ができる。 3級 基礎的な建設業に係る必要な簿記に関する知識を有しており、かつ簡易な実務処理ができる。 4級 初歩的な建設業に係る簿記の初歩的な実務処理ができる。

公式HP
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/gyom2/

記憶法

体制化 関連する情報をまとめ、整理して覚える

接頭語、接尾語、語幹で覚える


マークシートあるある!?

正解は後半が多い  

資格試験の種類によって違いがあるようですが,正解は最初と最後に少ない傾向がある一方,真ん中から後ろに多い傾向があるようです。
 そのため,5択50問では1番-8~9問,2番-9問,3番-11~12問,4番-11~12問,5番-10問ぐらいになることが多いようです。この傾向はセンター試験ではさらにひどく,1番と5番はさらに少ないようです。(新聞記事でもありました。)
 これは,個々の出題者の「後ろまで検討して欲しい」との心理が出ているものと思われます。
 また、後半の選択肢を正解にしないと財務省から予算を削減するという噂もあるそうですし…

 仲間はずれは不正解(仲間が多いのが正解?)
 
a,b,c,d,eのうち正しいものを組み合わせたのは以下のどれかというような問題が出題されます。 1) a,b,c 2) a,b,d 3) a,c,d 4) b,c,d 5) b,c,e
 このような場合には,a,b,c,d,eの出現率を調べます。aは3,bは4,cは4,dは3,eは1です。eは仲間はずれであることから,5)はまず間違いです。逆にbとcは4つの選択肢に使われており仲間が多いことから,bとcが含まれるものが正解の可能性が高く,かつ5)が間違いであれば,正解は 1)か4)の可能性が高いようです。(当然ながら例外はあります。)
 出題者は,eだけが正しい場合には,受験者が「eは正しい」という知識のみで正解できるので,5)のような選択肢を正解にしたくないようです。逆に,4つの選択肢に使われるbとcが正しいことは,出題者にとって自明であり(ほとんどの受験者が正しいと分かるはずであり),最後の一つを探させることが大事と考えているからのようです。
 これらの考え方の延長上に,出現率の高い組み合わせは正解で,出現率が低い組み合わせは不正解という法則があるようです。

 計算する選択肢は正解?
 
選択肢の中に計算が必要なものと不要なものがある場合には,計算が必要なものに正解が含まれている可能性が高いようです。
 出題者の心理として,受験者にそれなりの苦労を要求しているからと思われます。その一方で,計算問題にはそれなりの知識と計算能力であり,それらを試す選択肢を作っているためか,これらが不正解というようなことは,あまりないようです。
 資格試験においては「計算する選択肢は正解」という法則がありそうです。なお,計算が必要な選択肢が複数の場合,より複雑な計算をさせるほうが正解の確率が高いようです。

 他の問題文もヒント  

資格試験においては,同じ知識が別の問題(別の科目の場合も含む)として,出題されている場合があります。
 「問5の中に,問10の正解が書いてある」というような状況です。
 出題者が一人でないことから生じる現象と思われます。これを利用しない手はありません。活用できれば,ほとんど何も考えずに正解肢を選ぶことができます。
 
選択肢を先に検討
 
問題文より選択肢を先に検討したほうが多くの場合時間の節約になります。なお,ここでいう問題文は,「・・・の中から正しいものを選べ。」というものではなく,選択肢を選ぶために与えられている長文です。
 なお,選択肢の「値」を利用して,正解を探すのもこのテクニックの応用です。
 英検等のヒアリング問題で,選択肢をしっかり見ておいて聞けば正答できることがあります。(例えば,選択肢に(13・15・12・30・14)とあれば,正解は13か30です。(聞き間違いやすいのが答えのはずだからです。)

ビジネス文書技能検定 2級 合格

ビジネス文書技能検定 2級

秘書検定と同じ団体が主催している。
秘書検定よりも、男性が多くてホッとする。
ビジネス文書という名称から難しく思っていたら、過去問見たらただの一般常識レベルではないか・・・。
ということで楽勝。

公式HP
http://jitsumu-kentei.jp/BB/index

記憶法

体制化 関連する情報をまとめ、整理して覚える


グルーピング
 覚えたいものを分類し、まとめ直すことで覚える。
 〈勉強〉の原イメージ。

書籍 「非常識合格法」 石井和人

「非常識合格法」石井和人

■採点のカラクリとは
⇒難関の資格試験では、難しい問題が出題されると、平均点が大きく下がってしまうので、これを避けるために、できのよい問題の配点を高くし、逆にできの悪い問題の配点を低くすることによって、平均点を調整する

⇒よって、多くの人が解けない難問では、配点の調整をされる可能性が高いので、できてもできなくても、点数に差がつかない

⇒配点が低くなる可能性の高い細かい知識を身につけるために、必要以上の時間をかけて勉強する必要はない

⇒逆に基本的な内容に絞り込んで勉強していくことが、合格への近道



■合格必要得点配点範囲アプローチ法
⇒出題範囲の中から多くの受験生が正解できると思われる基本部分を抽出すること

⇒その基本部分を徹底的に勉強して、確実な知識にしておき、その部分に関する問題が出題されたら必ず正解できるようにしておくこと
図の卵全体が試験の出題範囲に当たります。そして黄身は、勉強すべき基本部分に相当します。配点が高い可能性があり、落としてはならない基本的な問題に関係する部分です。そして、その周りの白身の部分は、細かくて難解な部分です。範囲が広く、勉強に時間がかかる割にはリターンが少ない部分です。
 この"卵の黄身"の部分を特定して、その知識を完璧にする勉強が重要なのです。これを、私は"合格必要得点配点範囲アプローチ法"と呼んでいます。



■何度も落ちる人の共通パターン(抜粋)
●試験に出るかどうかもわからない"卵の白身"の部分を一生懸命に勉強してしまう人

⇒黄身の部分は基本的な内容の勉強なので、やっているうちにだんだんつまらなくなる

⇒白身の部分は難解なため、そこを勉強していると頭が良くなった気がして、自己満足にひたることができる


●自分はもう黄身の部分を正確に理解していると勘違いしてしまう人

⇒何年も受験勉強を続けていると、本当は正確に理解していないにもかかわらず、「基本的な部分はもうわかっている」と思い込んでしまう

⇒これで落ちると、さらに手を広げて白身の部分を勉強してしまう


■スケジュールの立て方(抜粋)
●合格への最短ルートを設定する

⇒最短期間を目標にすると、最初の挑戦で合格できなくても、結果的には比較的短い期間で合格する可能性が高くなる


●基礎的な資格を中間目標にする

⇒公認会計士試験、税理士試験における簿記検定試験等


●3回以内での合格を目指す

⇒基本的には常に一発合格を目指すべき

⇒3回受験してダメでも諦めたくないのであれば、自分の受験スタイルの全てを変えてみる必要がある



■「間に合わない」ではなく「間に合わせる」
⇒資格試験に受かるためには自分で決めたスケジュール通りに勉強していく覚悟が必要

⇒著者の教えている資格学校では、答練などの課題の提出率と、試験合格率が比例しており、カリキュラム通りに勉強すれば合格でき、勉強しなければ合格できない、ということが数字で証明されている

⇒試験に受かりたいのなら、「できない」ではなく「やる」、「間に合わない」ではなく「間に合わせる」しかない



■"コマーシャル勉強法"でスキマ時間を活用
⇒1分間でキーワード1個覚える場合と、1時間でキーワード60個を覚える場合を比べてみると、1分間で1個覚えたキーワードの方が、しっかりと記憶に残っているもの

⇒細かく数が多いものを覚える場合には、まとまった時間にまとめてやるよりも、テレビCMくらいの短い時間で細切れに勉強したほうが効果的


■分厚いテキストより薄いテキスト
●難関資格は基礎資格と違う

⇒分厚いテキストを使っている専門学校は基本的にはオススメできない
基礎的な資格の試験では、いわば試験範囲の全てが"卵の黄身"となるために、むしろ、多少厚くても試験範囲全てを網羅したテキストのほうがよいかもしれません。しかし、難関資格試験の試験範囲はいずれも膨大であり、短い学習期間でその範囲を全てカバーするのは現実的には困難です。

⇒試験で必要なのは、曖昧な記憶ではなく、確実な記憶であり、そのためにはテキストの制作者がリスクを負って、合格に必要な部分だけを選び出す必要がある


●テキストが厚くなりやすい事情

⇒テキストを執筆する講師はページ数に比例して原稿料をもらえる

⇒テキストに載っていないことが本試験に出ると資格学校や出版元にクレームを言う受験者がいるため、制作者側には、責任回避のためになんでもかんでもテキストに詰め込んでおこうとする傾向がある

⇒分厚いテキストであれば、本試験で出題されるズバリ的中の数が多くなるのは当然



■どんどんテキストに書き込むべし
⇒サブノートは作らず、テキストに直接書き込んで、とにかくテキストだけで完結するようにしておく

⇒できれば合格者のテキストを見せてもらい、その人のマーキングの仕方、書き込みの仕方などを教えてもらう
 不思議なことですが、講師を何年もやっていると、受験生のテキストを見ただけで「この人は合格できそうだ」「この人はまだ難しいかな」などと感じることができるようになります。合格者のテキストには、まさに"合格のノウハウ"が詰まっているわけですから、それを参考にさせてもらいましょう。



■効果的な暗記を実現する"スピーチ法"
●スピーチ法とは?

⇒「テキストなどの内容について暗唱すること」

⇒黙って目で文字を追うだけでなく、文字を言葉にするので、視覚情報だけでなく、耳から音声情報が同時に入ってくる

⇒声を出すためにのどや舌、横隔膜などを活発に動かすため、黙読しているだけの場合よりもずっと多くの肉体的な刺激がある


●スピーチの種類

⇒「基本スピーチ」「定義スピーチ」「解答スピーチ」「マスタースピーチ」

クレアールHP
http://www.crear-ac.co.jp/cpa/

危険物取扱者 乙種4類 合格

危険物取扱者 乙種4類

苦手の理系の試験を受験してみる。
特に化学のせいで、国立大学受験を諦めたので苦手意識が強い。
元素記号の暗記までは良かったが、モルあたりで混乱してきて、六角形のベンゼン?あたりでノックアウトになってしまった。
今回も参考書と悪戦苦闘する。
大学入試よりは簡単だろうと思っていたら予想以上に難しかった。
「10問中6問で合格だろう。」
「5択の問題だから選択肢1~5まで各2つの正解かな?」とか思いながら
マークシートを勘で塗ったところ何とか合格。
やはり、後味は悪かったね。

分類
甲種(第1類〜第6類の全ての種類の危険物の取扱いと立会いができる)
乙種(第1類〜第6類のうち自分が免状を交付されている類の危険物の取扱いと立会いができる) 乙種第1類 - 酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウムなど)
乙種第2類 - 可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウムなど)
乙種第3類 - 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リンなど)
乙種第4類 - 引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)
乙種第5類 - 自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウムなど)
乙種第6類 - 酸化性液体(過酸化水素、硝酸など)

丙種(第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油・軽油など指定されたもののみ取扱いができる。丙種のみの有資格者による立会いはできない)


試験内容
乙種
5者択一で、試験時間は120分
危険物に関する法令:15問
基礎的な物理及び基礎的な化学:10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問


公式HP
http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

記憶法

社会的方略 

ジグソー法
 1つの長い文章を、人数分(例えば3つ)の部分に切って、それぞれを1人ずつが受け持って勉強する。それらを持ち寄って互いに自分が勉強したところを紹介しあって、ジグソーパズルを解くように全体像を協力して浮かび上がらせる学習法。

司法試験3000人枠撤廃へ

司法試験3000人枠撤廃へ 需要伸びず「非現実的」

弁護士ら法律家の数や法科大学院のあり方について見直しを議論している政府の「法曹養成制度検討会議」(座長・佐々木毅学習院大教授)が、司法試験の合格者数を「年間3千人程度」とした2002年の政府計画の撤廃を提言する見通しになった。4月に公表する中間素案に盛り込む方向だ。

 法曹3千人計画は01年に公表された司法制度改革審議会の意見書に基づき、10年ごろに達成する目標として閣議決定した。しかし、法科大学院修了者を対象とした新司法試験の合格者は年2千人前後で低迷。「社会の隅々に法律家を」という理念のもとで進められた司法制度改革の大きな柱が見直されることになる。

 法務省によると、昨年の合格者は2102人で、合格率は25・1%。当初の想定の7~8割を下回った。合格率の低迷で法科大学院への志願者も減少。昨春の志願者は1万8446人で、法科大学院ができた04年度の約4分の1まで落ち込んでいる。
.
朝日新聞社


なお、参考までに、
司法制度改革の3本の柱
(司法制度改革審議会「意見」 平成13年6月12日)
①国民の期待に応える司法制度
○ 民事裁判の充実・迅速化
・審理期間の半減を目標

○ 知的財産権関係事件など専門的知見を要する事件への対応強化

○ 民事執行制度の強化

○ 裁判所へのアクセス拡充
・利用者の負担軽減
・民事法律扶助の充実

○ 裁判外紛争解決手段(ADR)の拡充・活性化

刑事司法制度の改革

○ 刑事裁判の充実・迅速化

○ 被疑者・被告人の公的弁護制度の整備

②司法制度を支える法曹の在り方
法曹人口の拡大
○ 司法試験合格者数を平成16年に1,500人とし,新たな法曹養成制度の整備状況等を見定めながら,平成22年ころには3,000人まで増加

○ 裁判官,検察官の大幅増員など司法を支える人的基盤を飛躍的に増大

法曹養成制度の改革

○ 法科大学院を中核とした新たな法曹養成制度の整備

弁護士制度の改革

○ 弁護士の活動領域の拡大,アクセスの拡充,執務態勢の強化,隣接法律専門職種の活用

検察官制度の改革

○ 検察の人事・教育制度の見直し

裁判官制度の改革

○ 判事補に多様な経験を積ませる仕組みの整備,弁護士任官等の推進

○ 下級裁判所裁判官の指名につき意見を述べる機関の設置

③国民的基盤の確立
刑事訴訟への新たな参加制度
○ 一定の重大事件につき,国民が裁判官と共に評議し,有罪・無罪の決定と刑の量定を行う制度の導入

その他の参加制度の拡充

○ 検察審査会の一定の議決への法的拘束力の付与


ついでに、データを・・・
【旧司法試験合格者数】(1949年~2010年の累計)

1 東京大学(6537人)
2 中央大学(5484人)
3 早稲田大(4205人)
4 京都大学(2938人)
5 慶応大学(2071人)
6 明治大学(1108人)
7 一橋大学(1003人)
8 大阪大学( 797人)
9 東北大学( 757人)
10 九州大学( 640人)
11 関西大学( 591人)
12 名古屋大( 561人)
13 日本大学( 521人)
14 同志社大( 517人)
15 立命館大( 436人)
16 神戸大学( 425人)
17 北海道大( 413人)
18 大阪市大( 351人)
19 上智大学( 335人)
20 法政大学( 321人)
司法試験合格者数首位獲得回数
【旧司法試験】
① 東京大 38回(昭和24、25、46、47、49~56、59~63、平成1~16、18~22)
② 中央大 22回(昭和26~45、48、57)
③ 早稲田 3回(昭和58、平成16、17)
※平成16は東京大、早稲田が首位タイ


秘書技能検定 2級  合格

秘書技能検定 2級

知名度抜群の試験。
一般常識を磨くため受験。
会場に行って一番驚いたことは、100名以上の受験者に対して男性は3名しかいなかった。
「あんた、男のくせに何しに来たの?」と言わんばかりの視線にかなり戸惑う。
試験自体は大したことは問われない。
ただ、会場中が化粧臭かった。
こんな思いは二度としたくない。

必要とされる能力
理論領域 必要とされる資質
職務知識
一般知識

実技領域 マナー・接遇
技能


受験級

受験級は、以下の4つに分けられている。
1級
準1級
2級
3級

試験

2・3級は一次試験のみで合否の判定が行われるが、準1級以上は一次試験の他に二次試験がある。一次試験が合格基準に達した受験者には二次試験を受ける資格が与えられ、一次試験の合否通知に二次試験の案内が送られてくる。

一次試験は筆記試験である。解答は基本的にマークシート方式であるが、最後の部分には記述式の問題も課される。試験時間は120分で、60分経過すれば途中退室が認められる。

二次試験は、試験官との面接方式で行われる。面接は二人ずつでおよそ11分程度、内容はロールプレイングと簡単な質疑応答とされている。

公式HP
http://jitsumu-kentei.jp/

記憶法

社会的方略 

ロールプレイング
 複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法。

マークシートの極意

 反対表現はどちらかが真
 
選択肢の中で,明らかに相反することを言っている文章があれば,どちらかが正解と考えてまず間違いはありません。
 出題者は,試験問題を作るためには努力が必要なので,楽に作成できる「正解」の排反事象である「絶対間違い」という問題を作ってしまうからだと思われます。

 絶対表現は誤り?
 
絶対表現または限定表現には誤りが多い傾向があります。
 「絶対表現」というのは,「例外なし」を意味する一群の表現をいいます。例えば,「・・・は常に・・・しなければならない」,「・・・の場合には,必ず・・・しなければならない」というようなものです。このような絶対表現を含む選択肢は,誤りであることが多いようです。例外がない原則は少ないからです。このような問題は出題者が手間を省くために作成した問題であり,出題者は「例外を知っていますか?」と聞いていると思ってください。
 なお,例外がない原則もあるので,必ず正解になるとは限りません。(逆に言えばそういうものは記憶する必要があります。)
 また,「限定表現」というのは,文章内容を限定する表現であり,例えば,「・・・の場合に限り・・・できる」というようなものです。このような選択肢も,誤りであることが多いようです。その理由は「絶対表現」と同様です。出題者がこのような問題を作るのは,正誤がはっきりするうえに,あまり手間がかからないからだと思われます。

書籍 宅建マル秘裏ワザ大全(洋泉社)などにも書いてありますね。

ひっかけもヒント  

出題者は,受験者をまどわすために,「ひっかけ」となるような選択肢をしばしば作成します。
 「ひっかけ」の選択肢は,なぜか正解の選択肢と形式的によく似ている(文頭や文末の表現が一致している)ことが多いのです。
 そのような作り方をすれば,手間を省けるからだと思われます。また,出題者がこのような選択肢をつくるのは,正解に引っ張られているからだと思われます。
 そこで,形式的によく似ている選択肢を重点的に検討してみてください。

 長文の問題は後ろの方が正解?
 
問題文(選択肢も含む)が長い場合には,正解は後ろの方の選択肢にあることが多く,逆に問題文が短い場合には,正解は前の方の選択肢にあることが多いようです。
 時間が足りなくなった場合には,長い問題は後ろの方に,短い問題は前の方にマークすると,正解の確率が若干高くなるでしょう。
 出題者は,苦労して作った問題なので全ての選択肢を検討してほしいと思っているようです。受験者は,長文の問題では早くけりをつけたいと言う感情が無意識に働き,前の方を正解と判断したら最後まで読まないことが予想されます。そのため,出題者としては,どうしても後ろのほうに正解を置きたくなるようです。
 なお,短文の問題では,バランスをとるためか,前のほうに正解が多くなる傾向があるようです。もしかすると,「短ければ,受験者は一応全て検討するだろう。」という出題者の深層心理もあるからかもしれません。 これらの原因は,「受験者は前から順に検討していく。」という前提に立つためと思われます。
 これを逆手にとるテクニックもあります。
 問題文が長い場合には,後ろから選択肢を検討してみてください。


迷ったら後ろにマーク

選択式の試験では「二つの選択肢のうちどちらかが正解だとは思うが,どちらなのか判断できない。」ということがよくあります。このような場合には,後ろの選択肢にマークすることをお勧めします。(時間が余った時,再度検討することができるように,問題用紙にはマークしたものとしなかったものに違う印を付けておくことを忘れないように。)
 出題者は,せっかく作った問題を途中までの検討で正解されるのは避けたいという心理があるようです。そのため,難しい問題の正解肢は後ろにおきたくなるようです。どちらを選ぶか迷った場合には後ろの選択肢をマークする方が正解の可能性が高いようです。

一般旅行業務取扱主任者 合格

一般旅行業務取扱主任者

はじめに
①勉強期間 一般試験が1ヶ月
②試験結果  一般試験 約款66点 海外実務133点 
③参考文献など
参考書 「出る順旅行主任者一般/国内完全対応型(LEC)」
大原法律専門学校 
http://www.o-hara.ac.jp/ 
の無料解答解説集
このサイトのチャレンジ実践問題
http://www.ippan.net/

(合格体験記その7は私が書きました。)

一般試験
 最初は、国内・一般試験を同じ年に受験する予定だったが、2002年の願書交付時点
では正確な合格最低点が分からず、また、噂によると各科目60%以上、全科目合計
で70%と言われており、実際過去問を解いたところ、業法、約款、国内実務がどれ
も60%強しか取れなかったので、受験を見送った。しかし、合格発表を見たとこ
ろ、各科目60%以上としか書かれていなかったので、受験を見送ったことを激しく
後悔した。
昨年の国内試験で、約款が手ごたえよりも悪かったため一抹の不安が残った。しか
し、問題21~30の○×問題を丁寧に解き、残りが半分ちょっと当たれば、足切り
にあうことはないということが分かってからは、幾分不安が和らいだ。
勝負の山場は、勿論海外実務である。私は日本史が得意だったが、カタカナが多い世
界史はめっぽう弱かった。特に海外地理はお手上げ状態だった。どうにか、裏技を考
えた挙句以下のことがわかった。
①問題は52問で、そのうち32問が5点問題だった。このうち24問当ててしまえば、海
外実務が仮に0点だとしても確実に60%は越える。逆に24問以下だと足りない部分
を海外実務で挽回しなければならない、ということである。
②国内試験と同様、計算問題が8問あった。これにはやはりパターンがあった。ここ
で最低でも7問取る。
ポイントは、ⅰ往路・復路はどこからどこまでか? ⅱNUCの一番大きい値はどこ
か? ⅲTPMとMPMの大小は? ⅳM(~%プラス)はあるか? ⅴ出発日とその曜日
 ⅵ途中降機料金の有無 ⅶ大体は往路→復路→合計の順で問われるため往路+復路
=合計になっているか検算が出来る。
③次に目をつけたのが英語で、これも8問あった。私は英検2級を持っていた。この試
験で問われる英語は大学入試のセンター試験よりも簡単で、英検3級~準2級の間と
いったレベルしか出ない。最低でも6問を目指した。
④問題9~16の資料からの読み取りもそれほど難しいようには見えなかった。最低
でも5問は取る。
⑤残りの、問題17~24も、5~6問を目標にした。
⑥最後の駄目押しに海外地理を持ってくることにした。いくら苦手でも20問もあれ
ば、知っている問題が1,2問はある。いざとなったら、残りは全てbにマークして
点数を稼ごうと考えた。一応、海外地理はアメリカ、中国、ヨーロッパに力を入れ、
余ったらオーストラリアを勉強することにした。参考書に出ている地名を音読し、本
サイトのチャレンジ実践問題を解きまくった。(余談だが、2003年の試験では、過去
問で出ていた問題が10問近くそのまま出ていた。このことが合格率を上げる要因に
なったようだ。)
この作戦通り、本番でも出来たため合格することが出来た。
 
最後に
私は、予備校本は使ったが、通学・通信を通して予備校には通わなかった。そもそ
も、「予備校に行かなければ受からない」等といった予備校神話には興味がなかっ
た。皆さんは考えたことがあるのだろうか?何を根拠に予備校はテキストを作成し、
講義を展開しているのかを?-答えはただ1つ。それは過去問である。それと、もう
1つ。試験問題作成者は何を使って問題を作成しているのか?試験問題作成者といっ
ても、それだけが仕事で、1年中そのために働いているとは考えにくい。他の仕事と
兼任して問題を作っているのであろう。ということは何を使えば簡単に問題が作成で
きるのか。-答えは勿論過去問である。私が見た限りでは、旅行業務主任者試験は国
家試験の中でも難問・奇問・珍問といった類は極めて少なく、本番で実力を発揮しや
すいように作られている印象を受けた。上位何%のみが合格という競争試験の要素よ
りも、何点以上は全員合格という検定試験の要素の方がこの試験には多いと思う。
上記のことを述べると、「予備校には行ってはいけないのか」「予備校に対する営業
妨害ではないか」と反発する人もいるかもしれない。私が言いたいのはそんなことで
はない。一冊の本を読んだ時に、何が重要かを要約できる能力がある人は行く必要が
ない、ということである。予備校に行くのは構わないが、講義を聴いたことだけで満
足せず、必ず過去問を解くことを忘れないで頂きたい。それと、知識を増やすことに
は興味が無い。それよりも、いかに少ない知識で解くかを考える方が合理的だと思
う。
また、試験が終わると、BBSなどで「何番が疑義問題だ」「答えが割れている」とい
うのを見かけるが、どうでもいいことだ。この試験は、実力がある人は確実に65%
以上取って合格している。逆にいえば、いつもよりも緊張して5%くらい落としても
受かる人は受かる。こういった揉めた問題は捨てても構わない。仮に落ちた人はこう
いった問題のせいにして自分を誤魔化してしるにすぎない。実際は、他の取らなけれ
ばならない問題を落としたため不合格だった、ということである。
私が一番述べたかったことは、上記のように、本質をついた勉強をして頂きたいとい
うことである。おそらく、2004年度の試験は、(2003年度の合格率が高かったため)
国内・一般共に難しくなることが予想される。しかし、過去問中心の勉強は変わるこ
とはない。皆さんが合格通知を手にする日を願いながら、この体験記を終わりたいと
思う。
以上

公式HP
http://www.jata-net.or.jp/seminar/exam/

記憶法

社会的方略 

相互教授法
 二人で話し合いながら「予測する」「質問をつくる」「要約する」「明確化する」という4つの方略を使って文章を理解していく(テストで聞かれそうな質問を生徒自身が構成する、その物語で何が起こるのかを予測するなど)。

パソコン能力評価試験 8部門 4級 合格

パソコン能力評価試験 8部門 4級
自宅で無料で受験できる。
ひたすら受験しては、合格証書をプリンターで印刷する。ということの繰り返し。
問題自体は4級ということもあり基本事項ばかり。
パソコンのスキルは大して上がらなかったような気が…

以下合格した部門
①  ホームページ部門能力評価試験4級
②  パソコン・ネット操作部門知識試験4級
③  タイピング部門4級実技試験
④  住所録作成部門実務能力評価試験 筆王4級
⑤  ワープロ部門ワード実技能力評価試験4級
⑥  表計算部門エクセル実務能力評価試験4級
⑦  セキュリティ部門4級知識試験
⑧  会計部門弥生会計知識試験4級


公式HP
http://www.opentests.com/index.php

記憶法

社会的方略 
効果は高いが、相手が必要。勉強は一人でするものといった文化のためか用いられることが少ない。

交換テスト
 相手が作ったテストを自分が、自分が作ったテストを相手がやる。セルフテストより効果が高い。

アクティブブレインセミナーでよくやっていた手法ですね。

http://www.oda-abs.com/

インターネット ルール&マナー検定 合格

インターネット ルール&マナー検定 合格


とある夏にネット受験をする。
自宅受検。
というよりも一般常識のような問題だった。
合格者がHP上に掲載される。
大した事のない試験だったが名前を見たときは嬉しかった。

公式HP
http://rm.iajapan.org/

法科大学院の募集停止へ 東北学院大、全国6例目

法科大学院の募集停止へ 東北学院大、全国6例目

 
東北学院大法科大学院(仙台市)が2014年度以降の入学者募集を停止する方向で検討していることが6日、関係者への取材で分かった。全国74校ある法科大学院で、募集停止は6例目。近く正式決定する。

 東北学院大法科大学院は、定員30人に対して入学者数が大幅に少ない状態が続き、新司法試験の合格率も11年度が5・6%、12年度が9・3%と、いずれも全国平均を下回り低迷していた。

 中教審の法科大学院特別委員会は「重点的な改善が必要」と評価していた。

2013/03/06 14:28 【共同通信】

ダメな法科大学院は次々と補助金を削減し、司法修習生の給与に充てたほうが国のためでは?

参考までに、以下データを…
平成18年(2006年)から平成24年(2012年)までの7年間の累計合格者数のランキングです。(19年、20年から受験した法科大学院を含む。24年から受験した予備試験合格者を含む。)
トップは東京大学法科大学院です。7年間で1,300名を超えました。中央大学、慶應義塾大学も累計合格者が1,000名を超えました。次いで、京大、早大と毎年100人以上合格者を輩出する法科大学院が続きます。ちなみにこの5校は、旧司法試験においてもたくさんの合格者を輩出している大学です。新司法試験においても、旧司法試験で実績がある大学の法科大学院が高い実績を出しています。また、合格者数が多い法科大学院は合格率も高い傾向になっています。今回から受験した予備試験合格者の合格者数は58名で、いきなり40位に入りました。

順位 法科大学院名(予備試験合格者含む) 累計合格者数
1東京大学1,319
2中央大学1,209
3慶應義塾大学1,118
4京都大学926
5早稲田大学804
6明治大学560
7一橋大学494
8神戸大学407
9同志社大学360
10立命館大学338
11大阪大学336
12北海道大学334
13東北大学306
14名古屋大学266
15九州大学261
16上智大学257
17関西学院大学245
18首都大学東京226
19関西大学212
20千葉大学193
21大阪市立大学185
22法政大学176
23立教大学130
24学習院大学128
25日本大学122
26専修大学113
27横浜国立大学104
28広島大学99
29成蹊大学96
30創価大学95
31愛知大学92
32南山大学91
33甲南大学86
34岡山大学81
35新潟大学65
36山梨学院大学64
37明治学院大学63
37金沢大学63
39大宮法科大学院大学(平成19年~)61
40予備試験合格者(平成24年~)58
41青山学院大学54
42東洋大学50
43西南学院大学47
44駿河台大学46
45名城大学45
46桐蔭横浜大学(平成19年~)43
46近畿大学43
48福岡大学42
49駒澤大学41
49広島修道大学(平成19年~)41
51神奈川大学40
51中京大学(平成19年~)40
53獨協大学(平成19年~)38
54関東学院大学35
55琉球大学(平成19年~)33
56熊本大学32
56筑波大学(平成20年~)32
58國學院大学30
59北海学園大学26
59大東文化大学26
59静岡大学(平成20年~)26
62久留米大学25
63龍谷大学(平成20年~)24
64香川・愛媛(平成19年~)23
64東海大学23
64白鴎大学23
67京都産業大学22
67東北学院大学(平成19年~)22
69神戸学院大学19
70島根大学18
71信州大学(平成20年~)17
72大阪学院大学(平成19年~)13
73鹿児島大学(平成19年~)12
74愛知学院大学(平成20年~)10
75姫路獨協大学3
累計13,207

【新旧司法試験累計合格者数(1949-2012)】
*1位 7925名 東京大学
*2位 6749名 中央大学
*3位 5089名 早稲田大学
*4位 3884名 京都大学
*5位 3202名 慶應義塾大学
*6位 1674名 明治大学
*7位 1510名 一橋大学
*8位 1141名 大阪大学
*9位 1072名 東北大学
10位 *911名 九州大学
11位 *881名 同志社大学
12位 *838名 名古屋大学
13位 *835名 神戸大学
14位 *813名 関西大学
15位 *777名 立命館大学
16位 *757名 北海道大学
17位 *650名 日本大学
18位 *580名 法政大学
19位 *578名 大阪市立大学
20位 *391名 関西学院大学



現代用語能力検定 2級  合格

現代用語能力検定 2級


作文小論文検定と同じ団体が主催している。
これも自宅受検。しかも到着後即返信しなければならない。
こんな一大事に自宅の無線LANが故障する。
しかも、思っていたよりも問題が難しい。
時間との勝負だったがケアレスミスを連発してしまった。
不本意な認定で2級止まり。(点数で級が決まる。)
残念…

公式HP
http://genken.jp/

記憶法

記憶のためのマインドセット


極限状態に身を置く
 人間が最もよく学習するのは、自分の持っている知識がまったく役に立たなくなった状況。
(例)医局に入ったばかりのインターン・レジデント、部族社会の通過儀礼、カルトの洗脳手法など"

作文・小論文検定 1級  合格

作文・小論文検定 1級

文章を書くのが比較的に好きだったので受験してみる。
自宅受検。課題が何だったかは忘れた。(環境系だったような・・・?)
ネタの予備知識をネットで仕入れひたすら書きまくる。
予想以上にいい評価で合格できた。
やっぱり文章能力あるのかな?と自惚れてみる。

公式HP
http://www.genken.com/sakuken/

記憶法

記憶のためのマインドセット

Early Learning Set"
 文字、自転車、九九など、はじめて学んだときの記憶を呼び覚まし、〈初めて学んだ状態〉に自分をセットする。

歴史能力検定 2級  合格

歴史能力検定 2級

大学入試の時に最も得意な科目で、偏差値75以上を取ったこともあった。
それだけに前身の歴史認定C級は屈辱的だった。
代ゼミの菅野講師の立体パネルを久しぶりに見て念入りに勉強しなおす。
この前よりも基本的な問題が多くなったような気が…
(心配も)杞憂に終わる。ということで無事に合格。

個人、団体共に年2回(7月、12月)

合格基準
試験は各100点満点になっている。
1級、2級、3級、準3級、4級、5級 - 正解率60%を目安としている。

検定級
1級(日本史、世界史) - レベルなし(公開会場でのみ実施)
2級(日本史、世界史) - 高校レベル
3級(日本史、世界史) - 高校基礎レベル
準3級(日本史のみ) - 難関私立高校受験レベル
4級(歴史基本) - 中学校修了レベル
5級(歴史入門) - 小学校修了レベル

公式HP
http://www.rekiken.gr.jp/

記憶法

記憶のためのマインドセット

感情と結びつける
 ポジティブな感情でもネガティブな感情でも
 恐怖と結び付いた記憶は、動物にとって生き残るのに必要だから

実用数学技能検定 2級 合格

実用数学技能検定 2級

高校時代は数学が得意だったが。大学受験で使用せず。
過去問を見たら、1次、2次両方ともいけそうな感じだったので
迷わず受験する。
2次は現場思考型の問題で時間がかかるも、合格を確信していた。

1級(大学程度・一般)
準1級(高校3年生程度)
2級(高校2年生程度)
準2級(高校1年生程度)
3級(中学校3年生程度)
4級(中学校2年生程度)
5級(中学校1年生程度)
6級(小学校6年生程度)
7級(小学校5年生程度)
8級(小学校4年生程度)
9級(小学校3年生程度)
10級(小学校2年生程度)
11級(小学校1年生程度)
12級(未就学児童)

合格基準
1級・準1級:1次で70%程度(7点満点)の得点で、かつ2次で60%程度(4点満点)の得点
2級:1次で70%程度(15点満点)の得点で、かつ2次で60%程度(5点満点)の得点
準2級:1次で70%程度(15点満点)の得点で、かつ2次で60%程度(10点満点)の得点
3級・4級・5級:1次で70%程度(30点満点)の得点で、かつ2次で60%程度(20点満点)の得点
6級・7級・8級:70%程度(30点満点)の得点(1次・2次の区分なし)
9級・10級・11級・12級:70%程度(20点満点)の得点(1次・2次の区分なし)
個人受検は4月、7月、11月いずれも日曜日)に実施する。

公式HP
http://www.su-gaku.net/

国内旅行業務取扱主任者 合格

国内旅行業務取扱主任者


合格証書が自民党の二階議員の署名入りだった。(協会の会長だったのね。)

① 勉強期間 
国内試験が2週間
②試験結果
国内試験 業法80点 約款72点 国内実務80点
③参考文献など
参考書 「出る順旅行主任者一般/国内完全対応型(LEC)」
大原法律専門学校 無料解答解説集
http://www.o-hara.ac.jp/ 
国内試験向けサイト
http://homepage1.nifty.com/lilliput/
http://www.ippan.net/
(合格体験記その7は私が書いたものです。)のチャレンジ実践問題


 2002年に試験を受けるに当たって、厄介な問題が1つあった。それは、合格最低点
がはっきりとは分からなかったことである。当時は、各科目60%以上で合計が
70%以上ではないか、と言われていた.そのため、私は全科目70%以上を狙って
勉強を開始した.
 まずは、いきなり何も見ずに過去2年分の業法と約款を解き始めた。そうすると、
どれも70%強の点数だった。「これはいける」と思い、参考書と国内試験用サイト
で強化を図った。
勝負の山場は国内実務だった。私は東北地方で育ち、大学で京都に住んでいたので、
東北・近畿地方の地理がバッチリだった。2つの地方について詳しかったのである程
度は余裕を保てた。それに、大相撲や高校野球が大好きだったので、全国的な地理に
も自信があった。そのため、今まで考えたことの無かった分野である、計算問題に重
点を置くことにした。計算問題は一見すると難しそうだったが、過去問を見ると、毎
年ほぼ同じパターンが繰り返されている点に気付いた。
JR ①不乗区間 ②団体割引 ③31人以上50人以下の時1名無料 ④繁忙期・閑散期
バス ①キロ制運賃(10キロ未満の端数→10キロに切り上げ) ②宿泊待機料金 ③
時間待機料金 ④宿泊超過料金 ⑤回送料金 ⑥消費税
宿泊 ①サービス料 ②入湯税 ③消費税
これらのポイントを念頭に、選択肢を見比べながら解答すれば間違いも減るだろう。

公式HP
http://www.jata-net.or.jp/seminar/exam/

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]