免許など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

アマチュア無線技士 3級 合格

アマチュア無線技士 3 合格

過去に4合格していたので、3に挑戦する。
4の時と同様、問題集丸暗記で対応できる。
ほとんどひねりがない。
というか、5分くらいで試験終了。
圧勝。

後日(東京などでは当日のところもあるようだ)合格通知が来る。
免許証発行にさらに申請料がかかる。
また、10年経過すると更新手続きが必要なので要注意。

アマチュア無線技士(アマチュアむせんぎし)とは、無線従事者の一種。日本の国家資格・業務独占資格・必置資格であり、総務省がこの資格の所管官庁である。

第一アマチュア無線技士(略称:1アマ)Amateur First-Class Radio Operatorアマチュア無線局の無線設備の操作電波法施行令には空中線電力の制限はないが、総務省訓令電波法関係審査基準では、空中線電力が1kW以下(短波の移動しない局の場合。移動する局や超短波以上においては、これより低い枠が周波数帯ごとに定められている。)までとされている。1kWを超過する空中線電力のアマチュア局の開設は絶対に不可能とは言えないが、電波を有効に利用するため、全ての無線局はその業務を行うのに必要な最小限度の電力を輻射するものとされており、アマチュア局の業務を行うのに必要な最小限度の電力であることの正当で明確な理由の説明が必要となる。また免許の扱いは総合通信局(沖縄総合通信事務所を含む。以下同じ。)決裁でなく総務省総合通信基盤局回付(すなわち放送局や大電力の業務無線局の送信所同様に総務大臣直接免許)になるなど、事実上相当の困難を伴う。実際、短波以外における大出力が月面反射通信専用設備以外で許可された例はほとんど無い。

第二アマチュア無線技士(略称:2アマ) Amateur Second-Class Radio Operatorアマチュア無線局の空中線電力200W以下の無線設備の操作

第三級アマチュア無線技士(略称:3アマ) Amateur Third-Class Radio Operatorアマチュア無線局の空中線電力50W以下の無線設備で18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用するものの操作従って、10MHz帯、14MHz帯の運用はできない。

第四級アマチュア無線技士(略称:4アマ) Amateur Fourth-Class Radio Operatorアマチュア無線局の無線設備で空中線電力10W以下の無線設備で21MHzから30MHzまで又は8MHz以下の周波数を使用するもの、空中線電力20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数の電波を使用するものの操作(モールス符号による通信操作を除く。)従って、10MHz帯、14MHz帯、18MHz帯および4630kHzを含む全周波数帯のモールス符号による電信の運用はできない。

試験科目
3アマ
無線工学
1.無線設備の理論、構造及び機能の初歩
2.空中線系等の理論、構造及び機能の初歩
3.無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の初歩
4.無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の初歩

法規
1.電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要 注 モールス符号の理解が含まれる。
2.国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約及び国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則の簡略な概要


4アマ
無線工学
1.無線設備の理論、構造及び機能の初歩
2.空中線系等の理論、構造及び機能の初歩
3.無線設備及び空中線系の保守及び運用の初歩

法規 電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要

公式HP
http://www.nichimu.or.jp/

日本将棋連盟 棋力検定 1級 合格

日本将棋連盟 棋力検定 1級 合格

囲碁に続き将棋の検定試験を発見し受検してみる。
囲碁に続き将棋のルールが分からず悪戦苦闘する。
書店へ行きそれらしい本を探しその場で問題を解く。
似たような問題なら解けるが、それ以外は自身が全くない。
ところが、結果を見て吃驚。
1級合格してしまった。
まぁ、上には段があるんだけどね。
検定料を支払い、合格証書を授与した。

タイトル戦 棋士のタイトル戦は、2013年現在7つある。
棋戦名 主催 開始年度
竜王戦 読売新聞社 1988年
名人戦 毎日新聞社、朝日新聞社 1937年
王位戦 新聞三社連合 1960年
王座戦 日本経済新聞社 1983年
棋王戦 共同通信社 1975年
王将戦 スポーツニッポン新聞、毎日新聞社 1951年
棋聖戦 産業経済新聞社 1962年

タイトル獲得記録 、カッコ内は登場回数。
1羽生善治83(110)
2大山康晴80(112)
3中原誠64(91)
4谷川浩司27(57)
5米長邦雄19(48)
6佐藤康光13(37)
7渡辺明12(16)
8森内俊之10(20)
9加藤一二三8(24)
9木村義雄8(11)

公式HP
http://www.shogi.or.jp/menjou/

一般毒物劇物取扱者 合格

一般毒物劇物取扱者 合格

危険物取扱者試験乙種4類に無事に合格したので調子に乗って受験する。
都道府県によって難易度がバラバラのようだ。
参考書に掲載されていないような問題が多く、お手上げ状態。
勘が冴えたのか、予想に反して合格。
受験料1万円もする割に、試験問題や解答用紙、合格証書どれを取ってもショボイ。
どこに金使っているのかな?国家試験なのにね。

参考サイト
http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/dokugeki.html

危険物取扱者 乙種4類 合格

危険物取扱者 乙種4類

苦手の理系の試験を受験してみる。
特に化学のせいで、国立大学受験を諦めたので苦手意識が強い。
元素記号の暗記までは良かったが、モルあたりで混乱してきて、六角形のベンゼン?あたりでノックアウトになってしまった。
今回も参考書と悪戦苦闘する。
大学入試よりは簡単だろうと思っていたら予想以上に難しかった。
「10問中6問で合格だろう。」
「5択の問題だから選択肢1~5まで各2つの正解かな?」とか思いながら
マークシートを勘で塗ったところ何とか合格。
やはり、後味は悪かったね。

分類
甲種(第1類〜第6類の全ての種類の危険物の取扱いと立会いができる)
乙種(第1類〜第6類のうち自分が免状を交付されている類の危険物の取扱いと立会いができる) 乙種第1類 - 酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウムなど)
乙種第2類 - 可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウムなど)
乙種第3類 - 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リンなど)
乙種第4類 - 引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)
乙種第5類 - 自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウムなど)
乙種第6類 - 酸化性液体(過酸化水素、硝酸など)

丙種(第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油・軽油など指定されたもののみ取扱いができる。丙種のみの有資格者による立会いはできない)


試験内容
乙種
5者択一で、試験時間は120分
危険物に関する法令:15問
基礎的な物理及び基礎的な化学:10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問


公式HP
http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

普通自動車免許第1種

普通自動車免許第1種

合宿コースで取得しました。
当時は民宿で雑魚寝だったのですが、今は個室のようですね。
AT限定で取得しました。
仮免の筆記試験で1人だけ惨めな思いだけはしたくなかったので
必死に勉強しました。(もちろん一発合格です。)
ちなみに今はゴールド免許です。

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]