語学など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

ドイツ語技能検定 3級 合格

ドイツ語技能検定 3 合格

今まで、色々な外国語試験を受験してきたが、独検3
私にとってかなり手ごわかった。
大学時代第2外国語として単位は取ったが、それ以降全く勉強せず。
単語は何とかなったが、文法でかなり苦戦した。
英語に近いようで遠い。
何とか合格できて良かった。

ドイツ語技能検定試験(ドイツごぎのうけんていしけん、独:Diplom Deutsch in Japan)は、財団法人ドイツ語学文学振興会が実施する、日本語話者向けのドイツ語の検定試験。独検と略される。1992年から始まった。

1:数年以上、恒常的にドイツ語に触れており、専門的な内容も理解できる
準1:数年以上、恒常的にドイツ語に触れている
2:学習180時間、日常生活において不自由なくドイツ語を使える
3:学習120時間、簡単な会話・文章が理解できる
4級:学習60時間、初歩的文法理解
5級:学習30時間、初歩的文法理解

1級(Höchststufe):①標準的なドイツ語を不自由なく使え、専門的なテーマに関して書かれた文章を理解し、それについて口頭で意見を述べることができる。②複雑なテーマに関する話やインタビューの対話などの内容を正確に理解できる。③複雑な日本語の文章をドイツ語に、ドイツ語の文章を日本語に訳すことができる。
準1級(Oberstufe):①ドイツ語圏における生活に対応できる標準的なドイツ語を充分身につけている。②新聞などの比較的複雑な記事や論述文などを読むことができる。③自分の体験などについて、詳しく話し、社会的・実用的なテーマについて口頭で自分の考えを述べることができる。④比較的長い文章の要点を聞き取り、短い文章を正しく書くことができる。
2級(Mittelstufe):①ドイツ語の文法や語彙についての充分な知識を前提に、日常生活に必要な会話や社会生活で出会う文章が理解できる。②やや長めの文章を理解し、内容についての質問に答えることができる。③具体的・抽象的なテーマについてのインタビューや短い記事の内容を聞き取ることができる。④短いドイツ語の文を正しく聞き取ることができる。
3級(Grundstufe):①ドイツ語の初級文法全般にわたる知識を前提に、簡単な会話や文章が理解できる。②基本的なドイツ語を理解し、ほとんどの身近な場面に対応対応できる。③簡単な内容のコラムや記事などの文章を読むことができる。④短い文章の内容を聞き、簡単な質問に答え、重要な語句や数字を書き取ることができる。
4級(Anfängerstufe):①基礎的なドイツ語を理解し、初歩的な文法規則を使って、日常生活に必要な表現や文が運用できる。②家族、学校、職業、買い物など身近な話題に関する会話ができる。③簡単な手紙や短い内容が理解できる。④比較的簡単な文章の内容を聞き、質問に答え、重要な語句や数字を書き取ることができる。
5級(Elementarstufe):①初歩的なドイツ語を理解し、日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる。②挨拶の表現が適切に使える。自分や他人を簡単に紹介することができる。③広告やパンフレットなどの短い文の中心的な内容が理解できる。④必要に応じて簡単な数字やキーワードを書き取ることができる。

公式HP
http://www.dokken.or.jp/

日本語力認定ことば検定 2級 合格

日本語力認定ことば検定 2 合格

『日本語力認定ことば検定』 とは、日本語を正しく理解し、適切に表現することのできる能力‐「日本語力」を判定する検定です。日本人の日本語力がどんどん弱くなっている昨今、日本人として必要な日本語に関する知識や日本語の正しい使い方などを身につけることは大切です。ことば検定を通じて、正しいことば、美しいことば、日本語力を高めましょう。 表記・書き方、和語・漢語・カタカナ語、文法、敬語、新語・流行語・特殊な語、言語知識、文章構成の7分野から出題される検定に挑戦して、日本語の正しい知識、正しい使い方を身につけましょう。

その名も 「日本語力認定ことば検定」! めざせ 日本語スペシャリスト!!
と書いては見たが、検定自体が終了する直前に受験し、合格する。
ということで、現在はやっていない。

実用イタリア語検定 5級 合格

実用イタリア語検定 5級 合格

私が受験した会場で5級を受けた人は10数人だけでした.やっぱり英検に比べると規模は非常に小さいですね.
試験ですが,全58問,そのうち最初の22問がリスニングという構成でした.リスニングは…早い!5級とはいえ,全く容赦の無いネイティブスピードで,かなりびっくりしました.しかも長いですね.「いったい問題文だけでどこまでしゃべるんだ?」ってくらい延々と喋ってました.
文法問題もかなり苦戦しましたが何とか合格できました。
しかし、相変わらず会話は出来ません。
残念…

実用イタリア語検定(じつよういたりあごけんてい)は、特定非営利活動法人国際市民交流のためのイタリア語検定協会が実施する、日本語話者向けのイタリア語の検定試験である。日本におけるイタリア語の民間語学検定の1つである。

受験級は5段階に分けられる。
1級 - 広く社会衣生活に必要なイタリア語、4年制大学のイタリア語専門課程卒業程度以上
2級 - 日常生活や業務上必要なイタリア語、4年制大学のイタリア語専門課程卒業程度
3級 - 日常生活に必要な基本的なイタリア語、大学2年修了程度
4級 - 平易なイタリア語
5級 - 初歩的なイタリア語

3級から5級は一次試験のみが実施される。1級および2級は一次試験と二次試験が実施され、一次試験合格者が二次試験を受験できる。
春季、秋季の年2回実施される。ただし、1級および2級は秋季のみ実施されている。例年、春季の日程は一次試験が3月初旬。秋季の日程は一次試験が10月初旬、二次試験が12月初旬となっている。

近年合格率は1級:8.1%、2級:9.5%と難易度は高い。準2級:35.4%、
3級:26.8%、4級:48.5%、5級:65.4%ほど。

公式HP
http://www.iken.gr.jp/index.html

ハングル能力検定 5級 合格

ハングル能力検定 5級 合格

外国語検定を立て続けて受験してきたので、ハングルも勉強してみる。
ハングル文字を覚えるのに大変苦労する。
この頃はSMAPの草彅さんの本やTV番組で結構、話題になっていた頃だったと思う。
(韓流ドラマの影響もあったと思う。)

受験者は結構増え続けていた頃で、ブームに乗った感じ。
受験者は女性の方が多かったような気がした。
試験は相変わらず、リスニングで苦戦し、筆記で何とか逃げ切るいつものパターン。
一番下の級にもかかわらずこの体たらく。
折角合格したにもかかわらずやはり会話などができるレベルには到底及ばず。
会話できるようになるのはいつの日の事やら…

公式HP
http://www.hangul.or.jp/

「ハングル」能力検定試験(ハングルのうりょくけんていしけん)は、特定非営利活動法人ハングル能力検定協会が開発・実施する試験であり、日本語母語話者を対象とする韓国・朝鮮語の試験。略称は「ハン検」

歴史
ハングル能力検定協会は1992年10月9日、在日韓国・朝鮮人有志によりハングルの日に合わせて設立され、第1回目のハングル能力検定試験は1993年6月27日に実施された。現理事長は鄭元海(2代目理事長)である。 発足当初は1級から4級が実施され、実施場所は東京・大阪・福岡の三か所であり、計2,010名が受験した。外国人のための韓国・朝鮮語の試験は韓国でも開発されておらず、ハングル能力検定試験は世界で最初の韓国・朝鮮語の試験である。その後、1995年、第5回検定試験で準2級と5級が、2002年、第18回ではさらに準1級が追加される。また、2002年には試験内容が改定された。2006年にも改定がなされ、特にコミュニケーション能力を重視する問題が出題されるようになった。近況の受験者数は1回で1万2千人ほどである。

特徴
ハングル能力検定試験の特徴として、第一に日本語母語話者のための韓国・朝鮮語の試験であることが挙げられる。そのため、問題に日韓(朝)・韓(朝)日翻訳が含まれていることが、韓国語能力試験やKLPTなど他の朝鮮語関連試験と大きく異なる。さらに、韓国・北朝鮮の両方の正書法を認めている点が大きい。試験では回答する際、どちらかに統一する必要がある。ただ、北朝鮮の正書法で書かれた書籍や新聞・雑誌などを一般の日本人が目にする機会は少なく、上級の北朝鮮の正書法で書かれた長文問題などはその学習が難しい点がある。また、1級には面接試験が課せられる。

試検要綱
実施回数:年2回 6月、11月
受験料:1級 10,000円
 2級 6,500円
 準2級 5,500円
 3級 4,500円
 4級 3,500円
 5級 3,000円

試験時間:3,4,5級 90分
 2,準2級 120分
 1級 120分(+面接試験)

成績評価:100点満点(1,2,準2級:70点以上、3,4,5級:60点以上合格)


中国語検定 準4級 合格

中国語検定 準4級 合格

中国語は漢字が分かれば何となく、筆記試験位なら合格できるかな?
くらいの気持ちで受験する。
いつも通り、筆記はまずまず出来たが、リスニングは何を言っているのかサッパリ分からない。似たような発音が多く、イントネーションや強弱のつけ方で違った意味になるようで初心者には難しすぎる。
何とか、筆記で稼いで、リスニングで逃げ切るといういつものパターンで合格できた。
ということで、合格はしたが会話は出来ず…
う~ん、進歩が無いなぁ。

中国語検定(ちゅうごくごけんてい)は、日本中国語検定協会が主催する検定試験の通称。正式名称は中国語検定試験。略称中検。1981年の第1回試験実施以降、2006年までに60回行われており、累計受験者数60万人、合格者数18万人である。日本国内において、中国語能力を測る指標として使われることも多く、日本国内の受験地が11箇所(東京・名古屋・大阪・京都・金沢・札幌・岡山・広島・大分・福岡・沖縄)に限られる漢語水平考試 (HSK) に比べ全国54箇所(海外では北京・上海・シンガポールの3箇所)と受験会場も多く、年間5万人が受験している。ただし、この資格の適用地域は日本のみであり、国際的な知名度は低い。

概要
1級 高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証。
準1級 実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)。
2級 実務能力の基礎づくり完成の保証。
3級 自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)。
4級 中国語の基礎をマスター。
準4級 中国語学習の準備完了。

試験は筆記形式であり、各級とも聴き取り検査(リスニング)も課せられる。1級のみ二次試験があり、一次試験合格者に面接試験が課される。試験日は年3回、6月、11月、3月に行われる。1級は年1回11月のみである。

公式HP
http://www.chuken.gr.jp/

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]