金融など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

CFP 不動産運用設計 合格(4勝目)

CFP 不動産運用設計 合格(4勝目)

CFPの中でも比較的簡単といわれている不動産科目を受験する。
ネックの計算問題もCFPの中では容易なものが多い。
いつも通りFPKの過去問題集を頭に叩き込む。

これで、やっとCFPも4勝目。
あと2つ、頑張っていきたいものですね。

CFP資格とは、米国CFP BOARD(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER BOARD OF STANDARDS, INC、CFP資格認定委員会)が実施する資格審査試験により認定されるファイナンシャル・プランナー資格であり、民間資格である。 日本国内では、CFP BOARDの認証を受け契約を締結している日本FP協会が試験を実施し、認定している。

CFPとはCertified Financial Plannerの略称である。CFP、Certified Financial Planner、サーティファイド ファイナンシャル プランナーは米国CFP BOARDの登録商標であり、ライセンス契約の下に日本FP協会が使用を認めている。

CFP資格審査試験は、毎年2回実施されている。試験課目は、金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計の6課目あり、1課目2時間の四肢択一マークシート方式試験で2日間にわたって実施される。1課目ずつの受験および合格を認める課目合格制度を採っており、6課目すべてに合格して初めてCFP資格審査試験合格となる。
(受験料:1課目5,250円、同一回受験時の2課目以上の受験料は4,200円。例:同一回に6課目受験の場合…1課目5,250円+2課目以降4,200円×5=21,000円の合計26,250円)
CFP資格を取得するには、CFP資格審査試験に合格し、CFPエントリー研修(10,500円)を修了すること。そして、試験合格前10年から合格後5年の間に3年以上の実務経験を満たし、日本FP協会が定める倫理規程厳守等の誓約書に署名することが要件となっている。

公式HP
http://www.jafp.or.jp/index.shtml

金融窓口サービス技能検定 3級 合格

金融窓口サービス技能検定 3級 合格

使った参考書「金融窓口サービス技能士 金融商品コンサルティング業務 3級問題集」 (きんざい)
使うのは、この1冊だけで十分です。

少々、独特の用語があるだけで8割は多少の常識・倫理と知識で解けます。この問題集は前半が学科問題、後半が実技問題となっていますが、問われていることは殆ど同じです。
実技といっても、ロールプレイがあるわけではなくペーパー試験なので安心してください。
数回解けば合格できるでしょう、コンサルティングでもテラーの方でもそれほど難易度は変わらないです

金融窓口サービス技能士(きんゆうまどぐちサービスぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(社団法人金融財政事情研究会)が実施する金融窓口サービス技能士に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。

金融機関における事務処理や金融商品の販売など窓口業務等における必要な業務知識と実践能力を学科試験・実技試験両面から審査し、1級、2級、3級金融窓口サービス技能士として認定される。 2008年1月から、テラー業務に加え金融商品コンサルティング業務の2つの科目を実施している

金融商品コンサルティング業務
学科(マークシート方式)
1.投資型金融商品を取り巻く環境
2.投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴
3.販売・勧誘ルールの基本
4.金融商品コンサルティングの基本と金融市場・リスクの理解
5.金融商品販売の知識
6.金融商品コンサルティング業務に係る各種法規制の概要と業規制
7.金融商品コンサルティング業務に係る各種規制と顧客保護
8.クレーム処理

実技(記述式)
1.投資型金融商品知識
2.コンプライアンスに則ったコンサルティング
3.説明技能
4.提案技能
5.クレーム対応力

公式HP
http://www.kinzai.or.jp/ginou/telar/

CFP 相続・事業承継設計 合格 (3勝目)

CFP 相続・事業承継設計 合格 (3勝目)

久しぶりにCFPを受験する。
相続が簡単そうに見えたので、この科目を選択する。
ところが相変わらず複雑な計算問題に苦戦する。
FPKの過去問を念入りに熟したところ無事に合格。
やっとCFPも折り返し地点を通過する。

CFP資格とは、米国CFP BOARD(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER BOARD OF STANDARDS, INC、CFP資格認定委員会)が実施する資格審査試験により認定されるファイナンシャル・プランナー資格であり、民間資格である。 日本国内では、CFP BOARDの認証を受け契約を締結している日本FP協会が試験を実施し、認定している。

CFPとはCertified Financial Plannerの略称である。CFP、Certified Financial Planner、サーティファイド ファイナンシャル プランナーは米国CFP BOARDの登録商標であり、ライセンス契約の下に日本FP協会が使用を認めている。

CFP資格審査試験は、毎年2回実施されている。試験課目は、金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計の6課目あり、1課目2時間の四肢択一マークシート方式試験で2日間にわたって実施される。1課目ずつの受験および合格を認める課目合格制度を採っており、6課目すべてに合格して初めてCFP資格審査試験合格となる。
(受験料:1課目5,250円、同一回受験時の2課目以上の受験料は4,200円。例:同一回に6課目受験の場合…1課目5,250円+2課目以降4,200円×5=21,000円の合計26,250円)
CFP資格を取得するには、CFP資格審査試験に合格し、CFPエントリー研修(10,500円)を修了すること。そして、試験合格前10年から合格後5年の間に3年以上の実務経験を満たし、日本FP協会が定める倫理規程厳守等の誓約書に署名することが要件となっている。

公式HP
http://www.jafp.or.jp/index.shtml

与信管理実務検定 合格

与信管理実務検定 合格

与信管理実務検定試験とは、ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的な与信管理知識、リスクの発見と評価能力、一般的なリスクマネジメントの手法についての理解を問う試験内容で、1~3年程度の業務経験を有する一般の社会人及び審査部門ご担当者の方を対象とした資格試験です。

問題は4択にて50問.
正解率 70%以上であれば合格。
すなわち35問以上であれば合格となる。
試験結果はレーダーチャートにて詳しく表示される。
なお、氏名入り合格証はpdfにて印刷することができます。
財務分野や法令に関心ある方は受験すればいかがでしょうか。

難易度は: ・与信管理実務検定試験 ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
・与信管理実務検定試験・・・68.3%(2012年度3月末実績)

就職は: 商社や銀行等、与信管理を特に必要とする業種をはじめ、メーカーや卸売業など、幅広い業種で活躍できます。
与信管理実務能力は、ビジネスにおけるリスクを評価し、低減・回避するリスクマネジメントにおける必須の能力であり、多くの企業が与信管理部門の担当者のみならず、営業や経理、法務をはじめとする他部門の担当者に対しても与信管理教育に力を入れています。

仕事内容は: 与信管理部門をはじめ、営業、経理、法務等、与信を伴う取引に関わる全ての部門におけるリスクマネジメント業務。具体的には、取引先の信用調査、財務分析、与 信管理制度の構築と運用、契約書のチェック、債権保全と回収等の業務を行います。

試験内容

●与信管理実務検定試験(50問/60分)

1.与信管理の基礎

・倒産の種類と形態
・焦付の影響
・取引、決済条件の基礎知識

2.信用情報の収集

・信用調査の知識
・登記簿からの情報収集
・ホームページからの情報収集

3.財務分析・定性分析

・決算内容の知識
・財務指標分析
・定性情報分析

4.与信管理制度の構築と運用

・与信限度の設定方法
・格付の設定方法
・与信管理規程

5.契約法

・契約の必要性
・取引基本契約
・契約締結の知識

6.債権保全と回収

・債権保全の方法
・担保
・緊急時の回収
(100点満点中、70点以上の得点で合格となります。)

公式HP
http://www.acm-j.org/system/outline.html

DCプランナー 2級 合格

DCプランナー 2級 合格

DCプランナーと似たような試験に 「DCアドバイザー」 というのもありますが、今回私が受けたのは 「DCプランナー」。

FPでおなじみの 「きんざい」 と日本商工会議所が主催している方です。この試験は 1級~3級までありますが、今回は 中級である2級を受けました。

試験はすべて4択で、45問あります。 
試験範囲は、(1) 年金制度の全般、 (2) 確定拠出年金制度、 (3) 金融商品、 (4) ライフプランニング の4本柱です。

7割以上が合格ですので、少しハードルが高いです。
最初の年金制度の問題が難しくて、かなり苦戦しました。

後半の金融商品とライフプランニングで少し挽回できたと思います。


ちなみに、試験対策として過去問題集はしっかりやったのですが、それだけだと試験範囲を網羅できない感じでした。

しかも、年金制度の基本を かなり忘れてしまっていました。
やはりテキストも買って、多少読み込んでおくべきだったかな。 

DCプランナーとは、日本商工会議所と金融財政事情研究会の共催による認定試験に合格し、日本商工会議所に登録することで与えられる認定資格であり、年金制度の普及や運営・管理を行う実務家としての役割が期待されている。1級と2級の2段階に分かれているが、試験には1級~3級がある。DCプランナー(企業年金総合プランナー)と表記される。

1級~3級があるが、3級合格者には資格登録制度がない。試験問題は試験実施日時点で施行されている関連法令に従って出題される。

1級認定試験年1回実施。2級合格者のみ受験可能(合格時期、登録の有無は不問)。試験の対象者は確定拠出年金制度を始めとする各種年金制度、及び、金融商品や投資に関する専門知識を持ち、企業経営者や顧客に対して確定拠出年金制度に関する提案や教育を実施できる者、セミナー講師が務まる者を想定。マークシートと記述式で出題され、試験時間はそれぞれ150分と120分。200満点中140点以上の得点で合格となる。受験料は10,500円。

2級認定試験年1回実施。誰でも受験できる。試験の対象者は確定拠出年金制度を始めとする各種年金制度、及び、金融商品や投資に関する一般的な知識を持ち、企業担当者や顧客に対して確定拠出年金制度に関する説明や、確定拠出年金制度導入企業における社員教育が行える者を想定。マークシートで出題され、試験時間は150分。100満点中70点以上の得点で合格となる。受験料は6,300円。

3級試験年1回実施。誰でも受験できる。試験の対象者は年金制度全般について概略の知識を有し、確定拠出年金の企業型年金および個人型年金の仕組みについて、概略の知識を有する者、また掛金の運用対象となる金融商品および投資に関する基本的な知識を有する者を想定。マークシートで出題され、試験時間は120分。100満点中70点以上の得点で合格となる。受験料は4,200円。(金融財政事情研究会のみ実施。)

公式HP
http://www.kentei.ne.jp/planner/


スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]