会計など、あなたの本当の価値を引き出すおすすめ資格一覧

BATIC アカウンタント 取得

BATIC アカウンタント 取得

商工会議所主催の検定試験
日商簿記、ビジネス会計、全経簿記、建設業経理事務士と受験してきたので、今度は英文会計に手を出してみる。
英検2合格以降、英語の勉強は全くしていなかったが、何の問題もなかった。
英語を記号だと思えばいい、くらいの気持ちでやった方がいいと思う。
過去問の焼写しの問題が多い。
ネタが尽きてきたのかな?
問題数が多いので、またしても時間との戦いであった。
結果は361点だった。

国際会計検定(こくさいかいけいけんてい)とは、東京商工会議所が主催する英語による会計に関する検定である。 英語による基本的な会計取引と国際会計理論の理解度を問う。 略称はBATIC。

すべて英語による出題であり,択一式(マークシート方式)および英語および記号・金額による記述式による。 試験は,原則として米国における会計基準に準拠しているが,近年における国際財務報告基準(IFRS)の重要性の高まりによって,国際財務報告基準(IFRS)に準拠した会計処理が求められる問題も出題されている。また,米国会計基準やIFRSの新設・改訂に伴い,試験範囲の変更が行われるために,受験生はその受験回ごとに適用されている会計基準の知識が必要となる。なお,BATICの目的は,英文簿記,米国会計基準やIFRSに関する知識の習得のみを目的としたものではなく,国際基準で作成されている財務諸表の日本基準への組み換え(リキャスティング)の能力の測定をも目的としている。

Subject 1(英文簿記)  配点400点 ※ 全受験者必須
Subject 2(国際会計理論)配点600点 ※ 受験者の修得レベルに応じて任意

 ※Subject1で320点(Subject1の80%)に満たなかった者がSubject2を同時に受験した場合,Subject2は採点されない。

800 ~ 1000 コントローラーレベル
700 ~ 879 アカウンティングマネジャーレベル
320 ~ 699 アカウンタントレベル
200 ~ 319 ブックキーパーレベル

※なお,ブックキーパーレベルとアカウンタントレベルは一度取得すれば更新の必要がないが, アカウンティングマネジャーレベルとコントローラーレベルの認定期間は3年であり, 更新する必要がある。

公式HP
http://www.kentei.org/batic/

ビジネス会計検定 3級 合格

ビジネス会計検定 3 合格

商工会議所主催の検定試験
日商簿記2や全経簿記2に比べると簡単ではあるが、計算量が非常に多い。
計算ミスさえしなければ、後は時間との闘いです。
問題集の数字を変えただけの問題が多いように見受けられた。
結果は合格でした。

ビジネス会計検定試験®は大阪商工会議所主催の検定試験。2007年7月から実施されており、財務諸表を理解する力「会計リテラシー」の向上を目的とする。1から3までの3段階に分かれている。1は2010年度第8回検定より実施されている。

会計関連の検定試験には日本商工会議所が行う簿記検定があるが、簿記検定では会計の基準に従った正確な財務諸表を作成する能力が問われるのに対して、本検定では財務諸表を正確に読み解き、分析する能力が問われる。そのため、簿記の基本である仕訳の知識がなくとも試験に臨むことができ、財務諸表の種類や読み方、分析方法、諸法令に関する知識が問われる。

3級
年2回実施。想定する受験者は、一般企業の社員や学生等。マークシートによって出題され、試験時間は2時間。100点満点中70点以上の得点で合格となる。受験料は4,200円。

到達目標 会計の用語、財務諸表の構造・読み方・分析等、財務諸表を理解するための基礎的な力を身につける。

出題範囲
1.財務諸表の構造や読み方に関する基礎知識 (1) 財務諸表とは(2) 貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の構造と読み方
2.財務諸表の基本的な分析 (1) 基本分析(2) 成長率および伸び率の分析(3) 安全性の分析(4) 収益性の分析(5) 1株当たり分析(6) 1人当たり分析

公式HP
http://www.b-accounting.jp/

全経簿記 1級 工業簿記 合格

全経簿記 1級 工業簿記

名誉会長 森善朗 、会長 麻生太郎と書かれた合格証書が授与される。
総理大臣経験者の2人署名入り合格証書は他にはないようだ。
工業簿記は楽勝だが、1級会計は少なくとも日商簿記より難しい。
会計に合格できず、無念の失効…

公式HP
http://www.zenkei.or.jp/license/bookkeeping.php

日商簿記 2級 合格

日商簿記 2級

資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/boki/
TAC
http://www.tac-school.co.jp/kouza_boki/

の2つの予備校の解答速報を見ながら勉強する。
知名度が高い割に、回によって難易度がバラバラ。
2級でも、合格率が8%のときもあれば、50%を超えるときもある。
つまり、諦めるなということ。
計算ミスには要注意。
勝負は最初の仕訳かな?
後ろの方でそろばんを弾く音がする。(「おぉ、すげぇ・・・」)

各級の基準
1級 公認会計士・税理士などの会計系国家試験の登竜門と呼ばれる。大学程度の商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を習得している。財務諸表規則・企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。 合格者の特典 税理士試験の受験資格。
職業能力開発促進法の職業訓練指導員 (事務科) の資格試験で試験科目の一部免除。
大学の推薦入学に有利。
2級 商企業および工企業における経理担当者および経理事務員として必要な高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)に関する知識を有している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。
3級 個人企業における経理担当者または経理補助者として必要な商業簿記に関する知識を有している。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。
4級 商業簿記の入門的知識を有している。小規模小売店の経理に役立つ。勘定科目による仕訳ができる。

試験は全国統一日程で年に3回(6月、11月、2月)実施される。ただし、2月は2級以下のみの実施である。

1級
商業簿記・会計学
90分
工業簿記・原価計算
90分
70点以上

2級
商業簿記・工業簿記
120分
3級
商業簿記
120分
4級
商業簿記
90分

1級については、総得点に加え商業簿記(25点)会計学(25点)工業簿記(25点)原価計算(25点)の科目ごとにつき、40%(10点)以上の得点を要する。1科目でも9点以下の科目がある場合は不合格となる(理論上84点でも不合格が生じる)。
2級は第1問で仕訳5問(20点)第2問で帳簿伝票問題(20点)第3問で決算問題(20点)を中心とした商業簿記の問題が60点分出題され、第4問(20点)と第5問(20点)で工業簿記・原価計算の問題が40点分出題される。2級では1級のように科目ごとの足切りはない。
1級、2級とも科目合格制度はない。

公式HP
http://www.kentei.org/

建設業経理事務士 2級 合格

建設業経理事務士 2級

日商簿記、全経簿記の次くらいの簿記検定。
当時は年1回しか開催していなかったので
問題は大したことはないが、計算ミスが怖かった。
日商や全経の3級レベルでは?
過去問の焼写しが結構多い。

試験は1級・2級は年に2回 (9月・3月) 、3級・4級は年に1回 (3月)実施される。
各級の基準
1級 建設業に係る簿記・会計学・原価計算を習得している。会社法のほか、企業会計に関する法規を理解し、経営分析ができる。 2級 実践的な建設業に係る簿記・原価計算に関する知識を有し、建設業に係る決算の実務処理ができる。 3級 基礎的な建設業に係る必要な簿記に関する知識を有しており、かつ簡易な実務処理ができる。 4級 初歩的な建設業に係る簿記の初歩的な実務処理ができる。

公式HP
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/gyom2/

スポンサードリンク

Copyright © ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]